review

不安いっぱい「中学聖日記」更にセクシャルマイノリティ「先生のこと好きになっちゃいました!」今夜2話

かわかみじゅんこの原作漫画1巻の内容を分解し、晶の家庭事情や聖の婚約者からのプロポーズなど、新要素を追加しての再構築。原作ファンは戸惑ったかもしれないが、脚本・金子ありさ(映画『羊と鋼の森』など)とプロデューサー・塚原あゆ子(ドラマ『アンナチュラル』など)が、実写化にあたり肉付けの腕を振るっていることがうかがえた。

特に大幅に肉付けされたのが、晶の家庭事情と、学校での聖の教師としての立場だ。
原作ではやや放任気味の両親と暮らしていた晶。ドラマ版では、母親の愛子(夏川結衣)と二人暮らしの母子家庭になっている。晶は父親の行方を知らず、愛子はそれを隠している。訳アリの家庭になっている。
聖に厳しく「教師のあるべき姿」を説いていた教頭の塩谷(夏木マリ)は、原作にも登場する。しかし原作では、生徒を刺激しないように髪はまとめたほうが良いと指摘するくらい。ブラウスの女っぽさやスカート丈、婚約者との行動について細かく口を出すほどではない。

この肉付けは、晶がまだ親を困らせる「こども」であり、聖が厳しく自分を律しなければいけない「大人」であることをより強調するものとなっている。

また、原作では数ページしか登場しない学校裏サイトのようなものは、晶と聖を追い詰めるサスペンス要素としてドラマで大きく取り上げられた。缶ビールが転がるテーブルの上で、何者かが執拗に聖の様子を投稿している。
缶ビールがあるから大人か? と考えてしまうけれど、金子&塚原コンビがそんなにわかりやすいヒントをくれるだろうか。ドラマ版でのこの新たなハラハラ感のおかげで、原作を知っていてもまったく先が読めない。

あわせて読みたい

  • 有村架純「中学聖日記」発表詳細レポ

    有村架純「中学聖日記」発表詳細レポ

  • 『プロ野球選手名鑑』タレントベスト10

    『プロ野球選手名鑑』タレントベスト10

  • 「ナラタージュ」には松本潤が必要だ

    「ナラタージュ」には松本潤が必要だ

  • 「コウノドリ」母になる人生ならぬ人生

    「コウノドリ」母になる人生ならぬ人生

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年10月16日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    中学聖日記

    中学聖日記レビュー一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース