『アクアマン』、本当にとんでもない映画である。現状世界一の足し算というか、見るいきなりステーキというか、ラッセン大戦争というか、そういう映画だ。何を言っているかわからないと思うのでこれから説明します。
ラッセン×怪獣大戦争「アクアマン」引き算一切なし、観る版いきなりステーキの過剰に度肝を抜かれろ

まるで前菜から焼肉のコース料理! 引き算一切なしの魚介大戦争ムービー


アクアマンは、スーパーマンやバットマンやワンダーウーマンが活躍するDCコミックスのユニバースに所属するヒーローである。初出は1941年の『More Fun Comics』誌73号なので、今年で誕生から78年ということになる。その正体はアトランティス王国の王女アトランナと魔術師アトランの間の子オリンであり、イルカのポームに育てられた後に灯台守のアーサー・カリーに拾われ、養父と同じアーサーという名を名乗るようになった……という設定だ。成長後はアトランティスの王となり、地球の海中の大半をその手中に収めている。

映画の『アクアマン』ではそのへんの設定はけっこう変更されている。アクアマンことアーサーは灯台守のトム・カリーと政略結婚から逃れて地上に現れたアトランティスの王女アトランナとの息子という設定に改変。アーサーと名付けられたものの、母アトランナがアトランティスの追跡から息子たちを守るため海中に帰って以降は、人間の子供としてトムに育てられたということになっている。ちなみに、この映画は一応DC・エクステンデッド・ユニバースというDCコミックスのユニバース映画シリーズに含まれる作品だが、『アクアマン』単品で見ても全然平気な親切設計だ。