review

「アメリカン・アニマルズ」男子大学生の集団とは、この世で最もバカな人間集団のひとつである

『アメリカン・アニマルズ』は2004年に起こった強盗事件を題材としている。ケンタッキー州のトランシルヴァニア大学の図書館に大学生4人が侵入し、所蔵された時価1200万ドルの画集であるジョン・ジェームズ・オーデュボンの『アメリカの鳥類』を盗もうとしたのだ。白昼堂々と図書館に踏み入った犯人たちだったが、計画は失敗。彼はのちに当局に逮捕されている。
「アメリカン・アニマルズ」男子大学生の集団とは、この世で最もバカな人間集団のひとつである

バカ大学生4人組、死ぬほど適当な強盗計画で一攫千金を狙う


後に犯人グループの一人となるスペンサーは、大学で美術を学ぶ青年だった。マッチョだらけの学校にそれほど馴染めなかった彼は、友人の不良ウォーレンと一緒にスーパーに忍び込み、廃棄予定の食料を盗み出すようなショボい犯罪で鬱憤を晴らす。

ある日スペンサーは、大学の図書館の見学に参加する。そこで発見したのは、世界で最も高額で取引されているヴィンテージ本のうちのひとつ、『アメリカの鳥類』だった。1200万ドルの書籍が自分たちの身近に存在するというスペンサーの話を聞いたウォーレンは、この本を強奪すれば自分たちの人生を大きく変えられるはずだと強盗計画を持ちかける。

盗んだ後に『アメリカの鳥類』を買ってくれる故買屋を探しつつ、犯行計画を練るスペンサーとウォーレン。自分たち2人だけでは人手が足りないと判断した彼らは、同じ大学に通いFBIへの就職を目指す頭脳明晰なエリック、すでに起業家として仕事をしているマッチョなチャズという2人を誘い、着々と準備を進めていく。

あわせて読みたい

  • ビリオネアボーイズクラブ 切ない男子

    ビリオネアボーイズクラブ 切ない男子

  • 「7号室」のドタバタはオタク好きな味

    「7号室」のドタバタはオタク好きな味

  • 超絶金持ちの生態「ゲティ家の身代金」

    超絶金持ちの生態「ゲティ家の身代金」

  • フィギュアスケート史上最大の醜聞映画

    フィギュアスケート史上最大の醜聞映画

  • レビューの記事をもっと見る 2019年5月20日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース