review

激変「集団左遷!!」福山雅治・香川照之コンビが三上博史の陰謀を追及する企業サスペンス第2章

       
福山雅治主演の日曜劇場「集団左遷!!」(TBS、日曜よる9時)は、先週6月2日放送の第7話より第2章「本部編」に入った。今夜放送の第8話を前に、午後2時からは、これまでのダイジェストが放送される(一部地域をのぞく)。

第1章「蒲田支店編」では、メガバンク・三友銀行の廃店候補となった蒲田支店に、福山演じる片岡洋が支店長として赴任、廃店を撤回させるべく奔走した。結局、廃店撤回のためノルマに課された半年間で融資額プラス100億円には、あと一歩のところで達成できず、蒲田支店は廃店、羽田支店に統合する。それでも片岡をはじめ支店の行員たちはそれまでの努力が認められ、解雇されることなく、全員が三友銀行にとどまる。片岡も本部に戻り、融資部の部付部長となった。

そもそも蒲田支店の廃店を決めたのは本部の人事担当の取締役・横山輝生(三上博史)だった。横山は三友銀行の経営合理化と人員整理を推し進め、何かにつけて片岡の前に立ちふさがる。蒲田支店の行員を整理することはかなわなかったが、それでももくろみどおり同支店を含む12支店の廃店を実現し、専務に昇進した。第2章では舞台を本部に移し、片岡と横山は最終決戦へと突入する。
激変「集団左遷!!」福山雅治・香川照之コンビが三上博史の陰謀を追及する企業サスペンス第2章
イラスト/まつもとりえこ

人情物から企業サスペンスに移行した第2章


当初より登場人物におけるおじさんの割合が高かった「集団左遷!!」だが、それでも蒲田支店では、中村アンや橋本真実演じる女性行員、神木隆之介や井之脇海演じる若手行員が活躍していた。それが舞台が本部に移ると、いよいよおじさんだらけになってしまった。融資部1課主任に脇田(坂本三佳)という女性管理職がいるものの、役員にいたっては見事におじさんばかり。現実の日本企業の反映とはいえ、もう少しジェンダーバランスをとってもいいのでは? という気もする。

あわせて読みたい

香川照之のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「激変「集団左遷!!」福山雅治・香川照之コンビが三上博史の陰謀を追及する企業サスペンス第2章」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    いったい真相は、なんなのやら?

    1
  • 匿名さん 通報

    脚本をdisってるんですね?

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「佐藤二朗」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤二朗」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月9日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。