review

「TWO WEEKS」三浦春馬の変化に釘付け。すみれの「彼氏」からはなの「父」へ2話

フジテレビ系「TWO WEEKS」第2話。視聴率は5.9%と奮わず。7月24日の「FNSうたの夏まつり」で主演の三浦春馬が主題歌を熱唱し、キレッキレのダンスを披露したことで注目度は回復するだろうか。
「TWO WEEKS」三浦春馬の変化に釘付け。すみれの「彼氏」からはなの「父」へ2話
イラストと文/たけだあや

とにかく走った第2話


結城(三浦春馬)「映画かよ。」
逃走中の結城が思わず自分で言ってしまうぐらい、開始から怒涛の展開。バイクからトラックの荷台に乗り換え、ビルからビルに飛び移ろうとして落下、とにかく走る走る。何度も捕まりそうになりながら、娘・はな(稲垣来泉)を救うため逃げ続ける。
骨髄移植手術のため、「怪我をしないで」と病院で言われたのに、めちゃめちゃ血が出ているし、きったない雑巾で傷口を拭くし、いろんな意味でハラハラする。

織り交ぜられる回想で事実が次々と明かされていくことによって、ドラマとしての深みが増していく構造。結城を見るこちらの目も変わっていく。
逃走中の結城のセリフはものすごく少ない。なのに、追い詰められる表情や、はなを思い出し自分を奮い立たせる表情、アクション、逃げるだけなのにこんなにも幅の広い演技ができるのだと驚いた。

結城の変化


8年前、結城は子供が出来たことを「そんな奇跡みたいなこと」と喜んだ。
すみれ(比嘉愛未)「もう誰も傷付けるようなことはしないで。そうやってあなたはいつも自分自身を傷付けてきたから。」
結城「約束する。この子に恥じない父親になる」
この時の結城の顔の穏やかさもそうだが、声がとにかく優しかった。すみれの彼氏としての優しさだ。

あわせて読みたい

  • 最終回「オトナ高校」三浦春馬に拍手

    最終回「オトナ高校」三浦春馬に拍手

  • 最終話「高嶺の花」私はお花エンドか!

    最終話「高嶺の花」私はお花エンドか!

  • 「海月姫」原作ファンにも見て欲しい

    「海月姫」原作ファンにも見て欲しい

  • 「小さな巨人」舞台挨拶衝撃の芳根京子

    「小さな巨人」舞台挨拶衝撃の芳根京子

  • レビューの記事をもっと見る 2019年7月30日のレビュー記事
    「「TWO WEEKS」三浦春馬の変化に釘付け。すみれの「彼氏」からはなの「父」へ2話」の みんなの反応 1
    • 亮ちゃんママ 通報

      私が見ていて感じた事、全部文章になってて感動です。これからますます楽しみなドラマです。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら