review

最終回「べしゃり暮らし」原作感動エピソードを散りばめつつも消化不良のまま終了。ペース配分が残念だった

最終回「べしゃり暮らし」原作感動エピソードを散りばめつつも消化不良のまま終了。ペース配分が残念だった
イラストと文/北村ヂン
森田まさのり原作、劇団ひとり演出、間宮祥太朗主演の土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」最終回。

全8話のうち、半分以上が主人公・上妻圭右(間宮祥太郎)&辻本潤(渡辺大知)以外の登場人物メインで進んでいくという、珍しい構成となっていた本作。

今回は、ようやく圭右たちメイン回! ……と思ったら最終回。

「アドリブすごい」は正しかったのか?


上妻圭右(間宮祥太郎)と辻本潤(渡辺大知)のコンビ「べしゃり暮らし」は「漫才新人グランプリ」に挑むが、先輩芸人「るのあーる」の妨害を受け、客席の女性に気を取られた辻本は圭右のアドリブについていけなくなってしまった。

圭右の初舞台である、文化祭での漫才コンテストに審査員として参加していた「るのあーる」。NMC(ニッポン漫才クラシック)1回戦では、大すべりした圭右をからかい、つかみ合いになっていた。

微妙に因縁があるようなないような関係ではあるものの、「るのあーる」がそんなに圭右たちを意識していたとは……。

普段は小学生ウケするようなあるあるネタをやっている「るのあーる」だが、今回の大会に向けて作り込んだネタを用意しており、台本通りキッチリとやっていた(1回戦から決勝まで、ずーっと同じネタでよく勝ち進めたなぁ)。

一方、「べしゃり暮らし」は台本に頼らないアドリブ漫才だからだからすごい! という対比を見せたかったのだとは思うけど、問題は、ここまでのエピソードで結局、アドリブがいいのか悪いのかという結論が出ていないということ。

あわせて読みたい

  • べしゃり暮らし 相方喪った芸人生放送

    べしゃり暮らし 相方喪った芸人生放送

  • 「べしゃり暮らし」原作では泣けたのに

    「べしゃり暮らし」原作では泣けたのに

  • 「べしゃり暮らし」構成が残念すぎる

    「べしゃり暮らし」構成が残念すぎる

  • 「べしゃり暮らし」漫才をなめている

    「べしゃり暮らし」漫才をなめている

  • レビューの記事をもっと見る 2019年9月15日のレビュー記事
    「最終回「べしゃり暮らし」原作感動エピソードを散りばめつつも消化不良のまま終了。ペース配分が残念だった」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      ほんとその通りだと思う。 すごい漫才コンビだと毎回毎回前面に出しに来ているのに、細かいところで、あれ?そんな流れ?みたいな部分が多すぎ。

      1
    • 匿名さん 通報

      デジキンネタをひっぱりすぎた感があるし、ルノアールが放置されすぎてみててすっきりしなかった。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら