review

隻眼の女性従軍記者の半生「プライベート・ウォー」ジャーナリストの戦争に逃げ場なし!

戦場で片目を失うほどの大怪我をしながら、それでも戦場に取材に行くことをやめ(られ)なかった女性ジャーナリスト。彼女の凄惨かつ長い個人的な戦いを描いたのが『プライベート・ウォー』である。
隻眼の女性従軍記者の半生「プライベート・ウォー」ジャーナリストの戦争に逃げ場なし!

隻眼のベテランジャーナリスト、メリー・コルヴィンとは何者か


主人公メリー・コルヴィンは、イギリスのサンデー・タイムズ紙で活躍する、アメリカ人特派員だ。プライベートを顧みず危険なエリアでの取材に明け暮れ、レバノン内戦や湾岸戦争、チェチェン紛争など世界中の戦場で記者として活動してきたベテランである。

2001年、スリランカ内戦について反政府組織「タミル・イーラム開放の虎」を取材していた時、スリランカ政府軍が放ったロケット弾によってメリーは左目を負傷。片目を失明するという重傷を負いながらも、黒いアイパッチをつけて現場に復帰する。

2003年のイラクでは12年前にフセインによって虐殺されたクウェート人の遺体を掘り返し、2009年にはアフガニスタンでの戦闘を取材。その間にビジネスマンのトニーと交際をスタートさせるも、何度も戦場に赴くうちに、メリーの心は次第にPTSDに蝕まれいく。

『プライベート・ウォー』は、2012年にシリアで死亡したジャーナリストを主人公にした作品だ。だから、この映画は必然的に、主人公の死に向かって突き進む構造になっている。「なんで彼女は死んだのか」という点に、最終的にストーリーが集約されていくのだ。主人公メリーは、タフで気骨のあるジャーナリストであり、クルド人自治区でISと戦う女性兵士たちを題材にした映画『バハールの涙』に登場する女性記者マチルドのモデルになった人物でもある。普通の人間ならば一度行っただけで即座に嫌になるような戦場に何度も何度も赴き、その度にスクープをモノにする。

あわせて読みたい

  • シシリアンゴーストストーリーのリアル

    シシリアンゴーストストーリーのリアル

  • マイケル・ムーア「華氏119」が怖いぞ

    マイケル・ムーア「華氏119」が怖いぞ

  • 最後のインド総督マウントバッテン卿

    最後のインド総督マウントバッテン卿

  • 「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」の愛

    「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」の愛

  • レビューの記事をもっと見る 2019年9月17日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら