『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話

「スポーツに政治を持ち込むな」という詭弁

大坂なおみ選手が、BLM運動のなか試合をボイコットしたり、人種差別や警官によって命を奪われた黒人の犠牲者の名前が書かれたマスクをつけて試合会場に現れた際、ツイッターは荒れに荒れ、差別的なツイートが乱れ飛び、「スポーツに政治を持ち込むな」と使い古された常套句をドヤ顔で飛ばす輩も目立った。だが、これこそ詭弁である。そもそも大きなスポーツの大会やプロスポーツは、近代五輪の発祥から今日まで、それそのものが政治まみれだ。

【関連記事】BLM(ブラック・ライヴズ・マター)をもっとよく知るための今こそ観ておきたい映画リスト

観客だって政治を持ち込んでいる

観客は「スポーツに政治を持ち込むな」と言うが、逆に観客がスポーツに政治を持ち込むパターンもある。本日10月23日(金)公開の『キーパー ある兵士の奇跡』がある意味それだ。

『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話

『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話
(C)2018 Lieblingsfilm & Zephyr Films Trautmann

【あらすじ】第二次世界大戦で捕虜となったナチス兵のバート・トラウトマン(実在の人物)はイギリスの収容所にいた。収容所でサッカーをしていたら、降格ギリギリの地元チームの監督の目に止まり、ゴールキーパーとしてスカウトされる。敵国ドイツ人とプレーすることに拒否反応を示すチームメイト。

やがて、名門サッカークラブ「マンチェスター・シティFC」の入団テストに合格するのだが、クラブの経営はユダヤ人により成り立っており、マンチェスターの巨大なユダヤ系コミュニティの観客たちから猛烈なブーイングを浴びることになる。果たしてトラウトマンはチームを優勝に導くことができるのか……。

『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話
(C)2018 Lieblingsfilm & Zephyr Films Trautmann

戦争が起これば過剰にナショナリズムが焚きつけられる。それを利用する為政者もいる。ユダヤ系民族から見れば、同胞を収容所に送り、ドカドカ空爆してきたドイツ軍の兵士が目の前にいるのだから、ブーイングしたい気持ちもわからないではない。いや、まぁブーイングは当然するだろう。しかし、純粋にスポーツを楽しむということであれば、選手の人種や思想、どこ出身かは問題外のハズだ。

『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話
(C)2018 Lieblingsfilm & Zephyr Films Trautmann

この記事の画像

「『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話」の画像1 「『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話」の画像2 「『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話」の画像3 「『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話」の画像4
「『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話」の画像5 「『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話」の画像6 「『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話」の画像7 「『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話」の画像8
「『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話」の画像9 「『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話」の画像10 「『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話」の画像11 「『キーパー ある兵士の奇跡』サッカーファン必見! 捕虜だったナチス兵がマンCを優勝に導く話」の画像12