【特別対談】早川史哉×塚本泰史「僕たちはサッカーに救われた」

【特別対談】早川史哉×塚本泰史「僕たちはサッカーに救われた」

塚本泰史と早川史哉は凄まじい闘病生活とリハビリを経験した偉大なサッカー選手である。大宮アルディージャの塚本はプロ入り3年目の2010年2月に右大腿骨骨肉腫を発症。プロ選手としてピッチに復帰することはできなかったが、現在は大宮のクラブアンバサダーとして活動している。アルビレックス新潟の早川史哉はプロ入り1年目の2016年5月に白血病と診断され、2019年10月5日の鹿児島戦で約3年半ぶりにピッチに復帰した。

生きるか死ぬかの経験をしてきた2人が、今どのようにしてサッカーと向き合っているのか。2人とも対談中に何度も涙で言葉を詰まらせた。嗚咽をこらえながら振り絞るようにして語ってくれた一つひとつの重みある言葉は、サッカーの価値をあらためて証明するとともに、サッカーに関わる意味を教えてくれた。

インタビュー・文 池田タツ
写真 鳥飼祥恵

■病室での出会い


――2人が初めて会ったのはいつでしょうか?

塚本「2017年にお互いのクラブスタッフを通じて、僕が早川さんの病院へお見舞いに行かせていただきました」

早川「退院する直前の6月ですね。アルビ(アルビレックス新潟)がアルディージャ(大宮アルディージャ)と対戦する時にいらっしゃるとうかがっていました。会う前、塚本さんが僕が病気を発表した時、Twitterでエールをくださったんです。それを見てものすごく力になりました。自分は病気を公表する前に塚本さんのことや病気のことをいろいろ調べていたり、塚本さんのSNSを見ていたりしていたんです。塚本さんが本当に前向きに活動されているのを見て多くの勇気をもらい、それが僕も前向きに取り組める力になりました」


あわせて読みたい

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大宮アルディージャ + ジュニアユース」のおすすめ記事

「大宮アルディージャ + ジュニアユース」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柏レイソル」のニュース

次に読みたい関連記事「柏レイソル」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 大宮アルディージャ ジュニアユース

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。