THE BACK HORNが大切にする「生きる力」と「日本語の深み」

THE BACK HORNが大切にする「生きる力」と「日本語の深み」
       
去年、結成20周年イヤーを迎えたTHE BACK HORN。21年目の今年、メジャー12枚目のアルバム『カルペ・ディエム』をリリースする。20年という時を過ごしたからこそ出来たサウンドと、20年を超えても変わらないアティテュードが詰まっている。アルバムの話をフックにTHE BACK HORNの今に迫った。

―結成20周年を終えたタイミングなので、敢えて聞いてみたいのですが、THE BACK HORNは「KYO-MEI」という言葉をテーマに掲げていますね。このテーマはどこから出てきたのですか?

岡峰光舟(Ba/以下、岡峰):セルフタイトルのアルバム『THE BACK HORN』(2007年)を出す前だったから2006年ぐらいですね。そのアルバム出る前のシーズンくらいから自分達でちゃんとテーマを決めてみようってなったんです。THE BACK HORNっていうバンドを自分達でそこまで俯瞰したことがなくて、思っていることをそのままやっていた勢いだったんで。で、そのタイミンが自分達の音楽性や、歌いたいこと、伝えたいことを改めて話し合った時期だったんですよね。

山田将司(Vo/以下、山田):そうだね。何かを掲げてこれから活動していこうっていうなかで出てきた言葉が「KYO-MEI」でした。

岡峰:いろんな意味を持たせられる言葉でもあるんですよ。単純に響く共鳴もあるし、共に鳴らすっていう風に解釈もできたり。いろんな解釈ができるので。

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月17日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。