石若駿が語るドラム哲学、音と人間のハーモニー、常田大希らと過ごした学生時代

石若駿が語るドラム哲学、音と人間のハーモニー、常田大希らと過ごした学生時代
       
昨年始動した「Answer to Remember」を経て、最新プロジェクト「SMTK」のアルバム『SUPER MAGIC TOKYO KARMA』を5月20日にリリースした石若駿。日本一忙しいドラマーとも言われる彼に、自身の半生と独自の楽器論を語ってもらった。

※この記事は2020年3月25日発売の『Rolling Stone JAPAN vol.010』の特集企画「いまこそ『楽器』を」に掲載されたものです。

石若駿はここ数年、プレイヤーとしてだけでなく、時代のハブとしても大きな役割を担ってきた。昨年始動した「Answer to Remember」で名実ともに同世代のリーダー格となった彼は、叙情的な歌ものプロジェクト「SONGBOOK」、楽曲志向のジャズバンド「CLEANUP」、獰猛かつクールな実験的カルテット「SMTK」を率いるだけでなく、先鋭的ポップバンドのCRCK/LCKSに参加し、くるり、KID FRESINO、君島大空などのサポートを務めながら、ジャズメンとして毎日のようにライブを行なっている。日本一忙しいドラマーの一人と言われるようになって久しく、「駿さんは7人いるんじゃないか」とは君島の弁だ。

さらに石若は、東京藝術大学でクラシックの打楽器を学び、現代音楽にも精通。ピアノの演奏にも長け、ソングライターとしても繊細かつ大胆な一面を覗かせてきた。常田大希は藝大の同級生で、King Gnuの前身となったSrv.Vinciで初期メンバーを務めた仲。そんな彼のドラム哲学を紐解くのは、早熟のテクニックとアカデミックな教養を持ちながらポップのフィールドに飛び出し、ジャンルの枠を超えてキーパーソンとなった理由を確かめることにもなる。独自の楽器論を語ってもらうべく、高校時代から出演してきたホームで、イベント「石若駿3DAYS」を毎年開催しているジャズクラブ、新宿PIT INNにて取材を行なった。

あわせて読みたい

常田大希のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「常田大希 + twitter」のおすすめ記事

「常田大希 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「常田大希 + Instagram」のおすすめ記事

「常田大希 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月20日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 常田大希 Instagram
  2. 常田大希 twitter

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。