日本製品ボイコットの波が渦巻くなか、「次の一手」恐れ日本製部品の在庫確保に走るサムスン

日本製品ボイコットの波が渦巻くなか、「次の一手」恐れ日本製部品の在庫確保に走るサムスン
中国メディアは、米国メディアを引用し、サムスン電子が日本政府による輸出規制拡大に備えて日本製部品の在庫貯め込みを求めたと紹介した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・東方網は20日、日本政府による半導体原料の対韓輸出規制強化の影響を大きく受けるとみられる韓国のハイテク大手・サムスン電子が、日本製部品の在庫を貯め込むべく関係各所に働きかけていると報じた。

 記事は、米ロイターの19日付報道として、同社がすでに現地の協力パートナーに書信を送り、日本政府による輸出規制拡大に備えて日本製部品の在庫貯め込みを求めたと紹介。同社の対応は「日本政府によるハイテク材料の輸出規制で、世界の科学技術企業が用いるマイクロチップの供給にダメージが及ぶ可能性がある」ことが背景になっていると伝えた。

 また、関係者の話として、同社が書信を送った相手はスマートフォンや家電メーカーに部品を供給する現地のサプライヤーであるとしたほか、韓国メディアの聯合ニュースが「サムスンは講じ得るあらゆる手段を用いて、より多くの部品を確保しようと模索している」と報じたことを紹介している。

 さらに、同社が協力パートナーに対して今月末から8月15日の間に支障なく生産ができる安全な在庫状態を確保するよう求めるとともに、在庫の確保で生じる予定外のコストについて同社が負担する意思を示したとも伝えた。

 世論の反日感情が高まり、日本の製品やサービスに対するボイコットの動きがエスカレートする中で、まさに「死活問題」となるサムスンなどの韓国大手企業は、感情的な衝動を抑えて日本による「次の一手」に冷静に対処する動きを見せているようだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
今年の夏の人気国外旅行先・・・日本がやはり1位、韓国はなおもトップ10に戻れず=中国
自国メーカーはゼロ、日本製7割の韓国カメラ市場・・・これでボイコットできるのか?=中国メディア
日本の風俗店を体験しようとした中国人観光客が断られる、その理由に「日本らしさ」を感じた=中国メディア
日本のあらゆる場面で見られる「隠す」サービスが、日本人の細やかさを体現している
人口密度の高い大都市に無数に点在するコンビニと自販機・・・日本の物流網がいかにスゴイかが分かる!

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年7月20日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。