世界的なクルマの電動化の流れ! それでも日本で人気の「ハイブリッド車」が海外で普及しないワケ

世界的なクルマの電動化の流れ! それでも日本で人気の「ハイブリッド車」が海外で普及しないワケ
拡大する(全4枚)

トヨタが広めたハイブリッド技術

日本では当たり前になっているハイブリッド車だが、海外ではあまり普及していない。その裏付けとして、経済産業省が2018年に示した、2017年時点での国別・新車に占める電動車の割合を見てみよう。



日本が31.6%、アメリカが4.0%、ドイツが3.0%、フランスが4.8%、中国が3.0%、タイが2.7%、そしてインドが0.03%となり、日本がクルマの電動化で世界をリードしている姿が明らかだった。



背景にあるのは、ハイブリッド車の普及だ。



周知のとおり、ハイブリッド車はトヨタが90年代からプリウスを起点に量産化し、各モデルへと横展開していった。システムとしては、いわゆるストロングハイブリッドであり、その機構にはトヨタや、トヨタ関連企業によるさまざまな特許が含まれている。そのため、トヨタを追ってハイブリッド車開発を進めようとした各自動車メーカーは、トヨタの特許に抵触することを避ける必要がある。



世界的なクルマの電動化の流れ! それでも日本で人気の「ハ...の画像はこちら >>



実際、ホンダのハイブリッドシステムの開発担当者は「弊社で技術的な発想しても、結局トヨタの特許に引っかかり実用できないケースは多い」と話す。それでも、トヨタがハイブリッド車を軸に国内販売を伸ばすなか、各メーカーは、日産のe-POWERのように、さまざまな方法で各種のハイブリッド車を量産するようになった。



世界的なクルマの電動化の流れ! それでも日本で人気の「ハイブリッド車」が海外で普及しないワケ



欧米でも2000年代中盤ごろから、モーターをエンジンのアシストと回生エネルギー用の発電機として使うマイルドハイブリッドや、ダイムラー・BMW・GMが技術連携した2モーターハイブリッドシステムなどを量産したが、販売は伸びず、多くのハイブリッド車が生産を継続しなかった。日本とは、クルマに対するユーザーの志向など、社会背景が違うことが大きな原因だと思われる。


この記事の画像

「世界的なクルマの電動化の流れ! それでも日本で人気の「ハイブリッド車」が海外で普及しないワケ」の画像1 「世界的なクルマの電動化の流れ! それでも日本で人気の「ハイブリッド車」が海外で普及しないワケ」の画像2 「世界的なクルマの電動化の流れ! それでも日本で人気の「ハイブリッド車」が海外で普及しないワケ」の画像3 「世界的なクルマの電動化の流れ! それでも日本で人気の「ハイブリッド車」が海外で普及しないワケ」の画像4

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月11日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。