【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更されたマジックとは

【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更されたマジックとは
拡大する(全7枚)

SKYACTIV-Xはよりフラットなトルク特性となっていた

2019年の5月に登場し、2020年には「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を獲得するなど100周年を迎えたマツダのクルマ作りの節目となるモデルとなったマツダ3。



今回、ファストバックと呼ばれるスタイリッシュなハッチバックと、4ドアセダンによるボディバリエーションはそのままに、パワートレインやサスペンション、運転アシスト機能などにアップデートを加え完成度を高める改良を受けた。早速試乗の機会を得たのでリポートしよう。



【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力...の画像はこちら >>



まずはハッチバックのSKYACTIV-Xにマニュアル6速トランスミッション(6速MT)を組み合わせたFF前輪駆動モデルだ。今回の改良ではボディ外観的なデザイン変更はなく、一見しただけでは従来モデルと識別できない。唯一、フロントフェンダー側面に「SKYACTIV-X」のロゴをあしらったオーナメントバッジが取り付けられたことだけだ。SKYACTIV-Xは「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」メカニズムの希少性もさることながら、価格が他グレードより68万円も高く、所有するオーナーの選択眼をアピールできるように配慮したような印象を受けた。



搭載される2リッター直4直噴ガソリンのSKYACTIV-Xエンジンはハード面こそ変更を受けていないが、制御面のソフトウェアをアップデートさせパワースペックが引き上げられた。最高出力は180馬力から190馬力となり、最大トルクも224N・mから240N・mへと引き上げられたわけだが、ハード的な変更は一切行われていないというから驚く。


この記事の画像

「【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更されたマジックとは」の画像1 「【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更されたマジックとは」の画像2 「【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更されたマジックとは」の画像3 「【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更されたマジックとは」の画像4
「【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更されたマジックとは」の画像5 「【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更されたマジックとは」の画像6 「【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更されたマジックとは」の画像7

あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マツダ」に関する記事

「マツダ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マツダ」の記事

次に読みたい「マツダ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。