ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

あなたのパートナーが卵巣がんになったら 治療中の患者が語る「知ってほしいこと」

ライター情報:内堀たかふみ

画像は本文と関係ありません

今年6月、乳がんとの闘病の末他界した元キャスター・小林麻央さん。今、こうした有名人の乳がん症例の影響から、自治体の検診会場や婦人科系クリニックに多くの女性が検診に訪れている。
 
だが、そんな婦人科系のがんの中で意外と知られていないのが、女性ホルモンを分泌し、排卵を行う臓器「卵巣」にできる「卵巣がん」だ。国立がん研究センターによれば、乳がんにかかる女性は11人に1人であるのに対して卵巣がんは84人に1人。一見少ないように思えるが、女性専用車両がほぼ満員だった場合、その中の1人は卵巣がんということになる。乳がん同様、決して安心できない病気なのである。

そこで今回は、実際に卵巣がんが発覚し、卵巣と子宮を全摘、現在は抗がん剤治療中という都内在住の女性Aさんにインタビューを試みた。実体験を通して、女性はもちろん男性にも卵巣がんについて知ってほしいというAさん。彼女が今も抱える3つの「後悔」をテーマにまとめてみた。
まずは1つめの後悔から。

1.「最初にセカンド・オピニオンを受けておけば……」

 
Aさんは43歳。既婚で、子どもはいないという。もともとは介護の仕事をしていたが、今回の病気で休職中。復職に向けて日々を過ごしている。

まずはそんなAさんが卵巣がんになるまでの経緯を簡単におさらいしておこう。

「14年前の29歳に“皮様のう腫”ができたんです。ただその時は結婚直前。年齢も若かったため子どもが望めるよう全摘しない形で手術。のう腫は治り、以後は普通に生活していましたが、子どもにはなかなか恵まれることはありませんでした。ちなみに生理痛は昔からひどかったのですが、『自分は痛みに弱いだけなんだ』と自分に言い聞かせて我慢してきました」

そして去年42歳のとき、14年前に味わった以来の激しい痛みに襲われ、病院を受診。診断名は若いときとは違う“チョコレートのう腫”というものだった。

ただその“チョコレートのう腫”は良性であること、また患部が、手術のボーダーラインギリギリの6センチの大きさという理由に加え、当時の主治医からは「まだ42歳ですし、もし今後妊娠を望んだときのことを考えて手術は閉経後にしましょう」と強く言われたという。
 
だがその1年後、悪性腫瘍が卵巣にできていることがわかり、全摘することとなった。

「もし1年前のチョコレートのう腫のときに摘出しておけば『がん化』もせず、摘出手術による大きな傷が残ることも、その後、抗がん剤治療することも、また仕事も休職することもなかったのではないかと個人的には思っています。私もその時の主治医の先生の指示に従うしかなかったのですが、セカンド・オピニオンを受診しておけば、別の見立てもしてもらえたのではないかと思っています」
 

・ホルモン注射で体重80キロに さらにそれから55キロに激減


話を続けよう。その後1か月1万円かかるホルモン注射を打つことで、重かった生理痛もおさまったものの、副作用のためにどんどん太り、70キロほどだった体重は夏には80キロに増えた。

だが、秋に入るとなぜか体重が逆に減り、Aさんは「うれしい」と思うようになった半面、どこかで「おかしいな」と違和感を覚えていた。さらにもともと食べる事が大好きだったのが、今年の正月ごろからおにぎり1つ買ってもその封を切ることさえつらく思えるほど食欲がなくなってしまったという。

80キロだった体重はいつしか55キロにまで激減していた。

「3月のことでした。横に寝そべったとき、“チョコレートのう腫”と診断された左脇の下腹部が大きく腫れて固くなっていることに気づいたんです。でも去年、医師から『良性であり、すぐに摘出するものではない』と強い口調で何度も言われていたので、医師のもとを訪ねるのをためらいましたが、体重減少と体力低下があまりにも著しいため、怒られることを覚悟しながら翌4月に病院へ。

そこでエコー検査を受けると、ホルモン注射で3センチ程まで小さくなっているはずの腫瘍は10センチを超えていました。そして『良性の可能性は低い』と言われたんです」

・卵巣がんは取ってみないとわからない


その後、左卵巣の全摘手術を受けることに。結果、切除した卵巣は悪性であることがわかった。

ここで知っておかなければならないのが、例えば乳がんや肺がんなど多くのがんは、疑わしい部位に針で刺して検体を取れば「がん」と診断できる。一方、卵巣がんは手術をして摘出するまでは「がん」と確定診断ができないということだ。それだけ気づきにくい部分ということを意味している。
  

関連キーワード

ライター情報: 内堀たかふみ

放送作家・ライター。ご用件のある方はutf0222@gmail.comまで気軽にどうぞ。

2017年9月29日 11時30分