bit

ワンちゃん専用のコンタクトレンズがあった

加速するペットーブームの影響で、老若男女問わず、ペットを飼っている家庭が増えている。休日の公園に行けば、どこもかしこも犬の散歩だらけ。犬を飼っていない筆者にとっては、とても羨ましい光景である。そんなペット全盛の時代だけあって、ペットに関わるペット産業にも次々と新たな商品が生まれているらしい。その中でも今日は、一際珍しい「犬用コンタクトレンズ」をご紹介したいと思う。

お話を伺ったのは株式会社メニワンさん。あの有名なコンタクトメーカー・株式会社メニコンさんの子会社で、動物用ビジョンケアアイテムを製造してるメーカーさん。犬用のコンタクトの商品名は「コーニアルバンデージわん」というらしい。果たして一体どんな商品なのか?

「こちらは人間用のコンタクトレンズとは異なり、視力矯正が目的ではなく、角膜などの病気を患ってしまった場合に保護する目的の商品です。ペットの眼内に装着するというより、角膜に装着し、菌の進入や、自ら傷つけてしまうことを防ぎます」

お話によると、ペットは眼病になると目が真っ赤になり、さらに目を自分で触ってしまうため、見ている家族にとってはかなり可哀想な状況になるそう。そんなペットの治療中に使うのがこの「コンタクトレンズ」というわけだ。治療中の角膜を保護し、眼病の悪化を防ぐのである。そして他にもペットを守るための商品が次々と開発されているという。

「白内障になった犬を治療する眼内レンズ(人工水晶体)というのもあります。これは、濁った水晶体を人工の水晶体と取り替えてあげることによって、ペットの視覚が改善する治療で、人間の白内障治療と同じです」

人間界ではしきりに高齢化社会と叫ばれるが、犬の世界にも高齢化が進んでいるそう。ゆえに白内障になる犬も増えているんだとか。しかし、人間同様の治療を受けられるとはすごい時代になったと思うのは筆者だけだろうか。

ペットは家族の一員とはよく言うが、そんな家族を守るために日々戦っている人々がいる。「犬用治療コンタクトレンズ」というちょっとした話題から見えてきた、知られざる動物医療の世界。なぜだか知らないが、その志に強い感銘を受けてしまった。
(木南広明)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2007年6月15日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。