「ドライビングとはなんだ」な、STIギャラリー三鷹の新企画展示をさっそくリアル体験

「ドライビングとはなんだ」な、STIギャラリー三鷹の新企画展示をさっそくリアル体験
拡大する(全1枚)
スバルのモータースポーツ活動を担い、そこで得られた知見やノウハウを基にコンプリートカーやパフォーマンスパーツを開発・販売するSTI(スバルテクニカインターナショナル)。
 
その活動内容を知れて、ファンの集う場となる施設が、東京都三鷹市大沢にある「STIギャラリー三鷹」。コロナ禍による緊急事態宣言に伴い一時休館をしていたが、2021年10月2日(土)に営業を再開した。当面の間は土・日曜日の10:00~17:00のみの開放となる。
 
同時に、新たな企画展示[What’s Driving?「ドライビングとはなんだ」展]が公開。なにやら深いテーマに感じるこの企画展示はどんなものなんだ? ひと足先に体験・取材した。
 
【画像】シミュレーターとハンドリングマシンはクルマの運転が好きなら体験する価値あり!

STIギャラリーは、これまでのモータースポーツ活動で活躍した歴代レース参戦車両トロフィー、コンプリートカーの展示をはじめ、ミニチュアカーを用いた年表などで構成された「常設展示」に加え、2019年9月に規模拡大し、スバルや未来のSTIとカスタマーとの関わり方について、思いを伝える場として「企画展示」エリアを開設した。
 
第3弾となる[What’s Driving?「ドライビングとはなんだ」展]では、運転を趣味とするドライバーを増やそう!をテーマに、プレイステーション4の「グランツーリスモSPORT」を用いたドライビングシミュレーターや、「ハンドリングマシン tS」と名付けられた体験装置を設置。STIが提唱する「運転が上手くなるクルマ」の体験が気軽にできる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドライバーWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「スバル」に関する記事

「スバル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スバル」の記事

次に読みたい「スバル」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク