bit

針穴から撮るレトロ写真がブームの兆し?

       
針穴写真って知ってます? この高感度デジカメ全盛の時代に、レンズもなく手で開けた針穴から写真を写す写真が静かなブームなのです。

針穴写真とはピンホール写真ともいわれ、レンズもいらず、ピント合わせがないという原始的な技法で撮られる写真。針穴の原理は、すでに江戸時代には知られており、雨戸の節穴から差し込む光によって、葛飾北斎が障子に「逆さ富士山」を写し出している様子が描かれているほど。
カメラにする箱に、針穴くらい0.2~0.3ミリの小さな穴を開け、そこから被写体に向けて箱を置き、シャッター代わりの扉を開ける。もちろん、原始的なカメラなのでフラッシュはない。光のあるところでないと写真は撮れないが、夜間でも電灯などの光があれば撮影は可能。海辺などの眩しいくらい明るいところでは約1秒、晴れの日に普通の外で取るときは3秒、ライトしかない室内では10分と、撮影時間は変わってくる。
採り込む光の量が少なく、普通のカメラに比べたらものすごく時間がかかるため、スピードの速いものは写真に写りこまない。つまり今見ている風景が、そのまま写ることがないということ。そして、明るいところで速く動いているものは写らず、ゆっくり動くものは撮影時間によっては写り込む。

また針穴写真は、デジカメのように、焦点が一点に当たらないため、撮っている全景にピントが合うのが特徴。針穴写真は近いところも遠いところも自然と同一のピントで撮影できるのだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年10月20日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。