bit

携帯の通話が切れたらかけ直しますか? 待ちますか?

携帯の通話が切れたらかけ直しますか? 待ちますか?
なぜか通話が切れちゃうこと、ありますよね。
携帯電話の通話中、電波が悪くて電話が切れた瞬間、ムダな駆け引きがスタートする。
かけるか待つかの心理戦。お互い気を遣ってかけ直し、2人とも留守番電話サービスセンター送りにされることもしばしば。じゃあ待ってみようかと携帯電話の画面を見つめていると、今度はお互いが待ち続けて沈黙の時が流れる。

そんな数十秒の厄介タイム。やっとつながって、申し訳なさげに再開する電話。何か明確なマナーが浸透してればこんなことにはならないのに……。本来はどうすべきなんだろう。

どっちがかけ直すべきなのか、マナー文化教育協会代表理事の石井先生に話を伺った。
「まずビジネスの場では原則として、電話のマナーはかけた側からかけ直します。相手の時間を頂くことになるので、用件がある側からかけ直すのが当たり前なのですね。相手は待っているのですから、すぐにかけ直しましょう。それはプライベートの場合でも同様で、かけた側からかけ直すのが丁寧ですよね」
えっ、そうだったんだ。電波が悪くて切れた側がかけ直すもんだと思ってた。
これはかけた側が固定電話で、相手の携帯電話が切れた場合も同じだという。どっちの電話が切れたとか関係なく、用件がある側からかけ直すのが原則だ。

でも地下通路や電波が入りにくい建物など、一度圏外になった場所にいれば、また切れちゃう可能性は高い。すぐにかけ直したら、またすぐ電話が切れて会話も進まなかったりする。そんなときは、どうすべき?

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年10月28日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース