bit

まるで図書館 世界最大級の本屋さん

まるで図書館 世界最大級の本屋さん
世界最大級の本屋「パウエルズ・ブックス」。
本屋さんは、なぜだか妙にワクワクする。フロアが広ければなおさらだ。都内にも大きな本屋さんは多いが、つい先日、圧倒的な大きさに加えて品ぞろえもユニークな本屋さんを見つけた。

といっても場所は日本ではなく、アメリカはオレゴン州最大の都市、ポートランド。

ポートランドで「パウエルズ・ブックス」(Powell's Books)といえば、まず知らない人はいない有名店。市内に5店舗、さらに近郊のビーバートンに1店舗を展開している地元密着の本屋さんである。

なかでもダウンタウンにあるパウエルズ・シティ・オブ・ブックス(Powell’s City of Books)は、街の1ブロックを丸ごと占める圧巻の店構え。売り場面積は約2,164坪と世界最大級で、まさに本好きにとってはパラダイスだ。
「パウエルズ大好き! 一日いても飽きないよ」
と足しげく通う地元の人も多い。

4フロアからなる店内は、“レッド・ルーム”など色の名前がついた9部屋にわけられ、3,500もの細かなセクションに分類されている。実に100万冊以上もの蔵書があり、海外の本も充実。日本のマンガもズラリと並んでいた。

とはいえ、売り場面積だけなら東京にあるジュンク堂池袋本店も2,000坪と負けてはいないし、100万冊以上の蔵書数をもつ店は日本にも少なくない。だが、パウエルズはスタイルのユニークさでも群を抜いている。

店内で本を探していると、不思議なことに気がついた。同じタイトルの本が何冊もあるのだが、本によって値段が違う。よく見れば老朽ぶりにもかなり差がある。実はパウエルズでは、新書と古本を区別せずに同じ棚で売っているのだ。そのため、「お目当ての本が古本で見つかってラッキー!」なんてこともあれば、「プレゼント用だから新書を買おう」という選択肢もありだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年1月5日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。