bit

JR車内で出合った小粋な「富士山」アナウンス

3月下旬のある日、東海道新幹線の車内で、こういった感じの小粋なアナウンスに、思わず耳を疑った。

「お休み中、おそれいります。いま、○○に富士山がご覧いただけます。このあたりから見る富士山が、一番きれいだと言われております」

東海道新幹線に乗る際、晴れている日であれば、どうしても車窓ごしに探してしまうのが、「富士山」の姿。
だが、実際には、眠っているうち、あるいは本を読んだり、ぼんやりしているうちに、うっかり通過してしまった……なんて経験、よくあるもの。

ちなみに、自分の場合、長野新幹線に乗る際は、山の稜線に大きく突起して見える「高崎観音」を探してしまうのだが、これもまた、見過ごしてしまいがち。
こんなとき、ちょっとしたアナウンスがあるのは、嬉しかったりする。特に、天候などによって、見えるかどうかが大きく左右される富士山であれば、個人的にはぜひ教えてほしいなどと思ってしまう。

その一方で、最近、新幹線車内でよく聞くアナウンスに、こういったものもある。

「お休み中のお客様がいらっしゃいますので……」
私が先日、これを聞いたのは、金曜夜7時頃、東京発の新幹線。
1週間の疲れを抱えた、帰省などの人のためだろうか。曜日限定? それとも、毎日時間が決まっているの?
いつからこんなサービスを始めたの?
JR東海サービス相談室に聞いた。
「これらのアナウンスは、いずれも特に定着して決まっているものではございません。たとえば、夜のアナウンスは、遅い時間に騒いでいるお客様がいらっしゃったり、クレームがあったときなど、やんわりと注意を促す目的でやっております。また、富士山のアナウンスも、修学旅行など、団体のお客様が入っているときなどに行っているものです。いずれも、車掌個人の判断によるものなんですよ」

つまり、「富士山」のアナウンスを聞けたのは、たまたまラッキーだったようで、その一方で、「お休みのお客さんが」というものも、たまたまだったらしい。

「日本は車内アナウンスがうるさい」というのは、よく聞く話。また、「車内アナウンスに何度も起こされるのは迷惑」「必要最低限のアナウンスにしてほしい」という声も多く聞かれるが、そんななかでも、特にきまりではなく、車掌さんの心遣いで富士山を知らせてくれるようなアナウンスは、ちょっぴり嬉しい存在ではないでしょうか。
(田幸和歌子)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク