bit

デジカメの海外モデルって国内と何がちがうの?

       
日本メーカーの家電製品は海外でとても人気だが、中でもブランド力がとくに強いのはカメラではないか。デジタルの時代になっても、人気が衰えるどころかますます日本カメラの優秀さが目立っている感じ。ところで、気になるのは「海外向けモデル」というものが存在すること。特別に何か仕様を変えているのだろうか。メーカーのオリンパスイメージングさんに聞いてみた。

同社の米国版サイトを見ると、見慣れたモデルがズラリと並んでおり、国内モデルと何が違うのかちょっと見分けがつき辛い。そこで、基本的な違いを教えてもらった。すると、
・海外市場に合った製品名に変更する場合がある
・海外向けにボディカラーを国内モデルと変えて販売していることがある
・電源ケーブルのコンセント形状をその地域の規格に変えている
・ヨーロッパ向け製品はAV出力をPalに初期設定している(日本、米国はNTSC)
・海外の販売会社の判断でセット内容が変わることがある
・ソフトウェアの初期表示言語が違っている
などを挙げた。

本質的な違いは6つのうち始めの2つ(商品名とボディカラー)であろう(残り4つは海外向けとして当然の違いなので)。ボディカラーのラインアップをよく見ると、米国向けのシリーズではエメラルドグリーンといった国内向けではあまり見かけないカラーを使っていたり、すべてのシリーズにブラックボディがあることに気づく。これが同社製カメラにおける米国向けボディカラーの特徴のひとつなのだろう。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年9月15日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。