bit

人生選択を迫られる、ドイツの小学四年生

人生選択を迫られる、ドイツの小学四年生
ドイツの小学校の教室です。十字架が掲げられていますが、実はこれ、教室に掲げるべきか否かで、ドイツ世論をにぎわしているネタでもあります。
「誰もがすんなりピカピカの一年生、というわけではないドイツ」【前編】より。

小学校にもすっかり慣れた。卒業までにはまだまだ時間がある。「小学四年生」というポジションは、あらゆるストレスと無縁な毎日を送っているイメージさえある。ただし、これは日本での話。

ドイツの小学四年生は、3S(スリーエス)が頭から離れない生活を送っている(3S=成績、進路、将来の夢)。なぜなら、小学校は四年生で終わり、五年生からは進路がすぱっと枝分かれするからだ。そして、その進路の先に見えるのは、将来の自分自身の姿なのである。

伝統の地方分権によって州の独立性が強いドイツでは、学校制度も州ごとに異なる。ここでは、ドイツ南西部のバーデン・ヴュルテンベルク州(州都はシュツットガルト。以下バ州と略す)の小学四年生を具体例に紹介してみたい。

時系列的にざっと紹介してみると、次のようになる。九月に始まった前期授業が終わる二月頃、小学校の担任から、四年生全員に成績表が渡される。最も良い成績は「1」で、数字が大きくなるほど心配のタネも増える。成績発表に引き続き、一斉に個人面談が実施される。そして迎える運命の四月。小学校から、四年生全員に「学校推薦状」が発行され、この推薦状をもとに、五年生以降に進学する学校が決定するというプロセスだ。

今はまだ二月。四年生の前期授業が終了し、前期通知表が配布されるという段階だ。バ州の小学校での履修教科は、算数、国語(=ドイツ語)、郷土と歴史、人と自然、音楽、美術、体育などで、フランスと国境を接しているバ州では、フランス語も必須となっている(その他の州では英語)。

あわせて読みたい

  • なぜ小学校ではリコーダーを習うの?

    なぜ小学校ではリコーダーを習うの?

  • 小学1年生がアサガオを育てるのはなぜ?

    小学1年生がアサガオを育てるのはなぜ?

  • コネタの記事をもっと見る 2011年2月24日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース