review

精神障害者が処罰されない理由は?『なぜ日本人はとりあえず謝るのか』

「精神障害者が処罰されないのはなぜか?」
佐藤直樹『なぜ日本人はとりあえず謝るのか』の第四章の最初の見出しだ。
近代刑法の答えは、こうである。
「しっかりとした判断に基づいて犯罪をおかした人だったら責任があるけど、精神障害者はそうするための理性とかないから」(←本書を読んで、ぼくが乱暴にまとめた)
これは納得できなーーい!
と考えて、著者の佐藤直樹は「精神障害者の刑事責任」の研究をはじめた。

本書『なぜ日本人はとりあえず謝るのか』は、日本独特の「世間」というものを、「ゆるし」と「はずし」という側面から考察している。

世間からはずされないために、日本人はとりあえず謝る。世間からゆるしてもらう。
とくに、犯罪をおかしたとき、この「ゆるし」と「はずし」が極端なかたちであらわれる。
“日本では年間一六四万人ほどが検察庁に受理されるが、じっさいに正式起訴されるのは一二万人とわずかその七%程度”であり、ほとんどが「ゆるし」てもらえる。
謝ることで、「まあ、ゆるしてやろうか」となるのだ。
たとえばホリエモン。“「きわめて異例の」懲役二年六カ月の実刑判決”となってしまったのは、謝罪しなかったからではないのか。「ゆるし」が発動されなかったのだ。

精神障害者が処罰されない理由を考察するために歴史をさかのぼる。
中世。
「不幸な運命が狂人を弁護する。狂人は自分の病気によってすでに十分罰せられている」というローマ法の原則がヨーロッパでは長く通用していた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク