review

4x6はマルで6x4はバツ。さて、なぜでしょう?『かけ算には順序があるのか』

4x6はマルで6x4はバツ。さて、なぜでしょう?『かけ算には順序があるのか』
『かけ算には順序があるのか』(岩波科学ライブラリー)高城誠<br />算数で「6人に4個ずつミカンを配ると、ミカンは何個必要ですか」という問題に、6×4=24と書くとバツにされる!?
「6人に4個ずつミカンを配ると、ミカンは何個必要ですか?」という問題、どう答えますか?
6×4=24。24個!
ぼくは、こう答えるでしょう。
でも、小学校では、答えはマルで式はバツになるそうです。
えええええー!
なぜでしょうなぜかしら。
いま小学校では、かけ算は「1つ分の数×いくつ分」の順番で書かないとマルにならないのです。
つまり4×6=24が正解。
納得いかない。
ネット上でも、納得いかない父親をどう説得すればいいのかという質問トピックが盛り上がってたり(かける数とかけられる数)、mixiに「算数「かけ算の順序」を考える」というコミュができてたり(mixiコミュ「算数「かけ算の順序」を考える」)と、幾度も話題になっている。

で、かけ算の順番ってどういうことなの?
ということを考察した本が『かけ算には順序があるのか』だ。
三章構成。
第一章が、まさに上記の「4×6と6×4は違うのか」問題。
いま小学校でかけ算がどのように教えられていて、そこにはどんな歴史があり、数学者たちはどう考えているのかを丁寧に考察していく。
第二章は、九九の歴史。古代中国の文献にあらわれる九九のエピソードからはじまり、九九がどのように教えられてきたのかという歴史に迫る。
第三章は「なぜ2時から5時までは3時間で、2日から5日までは4日間なのか」という謎。たしかに言われるとどうしてだろう?と疑問符がむくむくわきあがってくる問題を考察。分離量・連続量という概念を導入して解説する。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2011年5月31日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース