bit

雨の日の“水跳ね”を抑えてくれるシューズ

雨の日の“水跳ね”を抑えてくれるシューズ
上の画像は『AQUA NAVI』を履いている写真。下の画像は通常の靴を履いた写真。上の水跳ねの方が、通常の靴を履いた時の水跳ねよりも抑制されているようだ。
どうも、雨の日の外出が苦手だ。我ながら、ヘタクソなのだ。
まず、傘を差しても肩や鞄がびしょ濡れ状態に。雨を防ぎ切れていないのだろう。そして、パンツの裾。歩いた時の雨水の跳ねっ返りに違いない。目的地に着いた頃には、なんか足元が重くなっている。きっと、水を含んでしまっているから。この、ヘタクソ!

そんな私の、雨天外出時の低スキルをカバーしてくれるアイテムが開発されたようだ。ブリヂストンスポーツが発売する『AQUA NAVI(アクアナビ)』は、歩行の蹴り出し時の水跳ねを抑制するシューズ。要するに、雨の日に気になる裾の汚れを抑えてくれるのである。

どうして、そんなことが可能となったのか? 同社に伺ってみた。
「雨の日の裾の汚れは、靴底部分に付着した水が原因です。この水をつま先の方にもっていくことで、歩行時の水跳ねを抑制できます」(担当者)

このシューズの、ソールの溝を見てみるとわかりやすい。何というか、まるで葉脈みたいなデザインになっている。この溝の流れが、雨水をつま先へ推進させる。そして、そのまま効率的な排水を可能とし、結果的に周囲へ跳ねる水の量が少なくなるのだ。
「業界内の方や専門誌からは、『今までに、こういった発想の靴は見たことがない』と評価していただきました。画期的な開発だと思います」(担当者)

ちなみに、この『AQUA NAVI』はウォーキングシューズ。上記のソールの構造と、ウォーキングシューズにとって大事な“歩きやすさ”には密接な関係があるようなのだ。

あわせて読みたい

  • 歩くと、中の温度が3℃上がる靴

    歩くと、中の温度が3℃上がる靴

  • シャワーでキレイになる革靴

    シャワーでキレイになる革靴

  • 道路になぜか、片方だけ落ちている靴

    道路になぜか、片方だけ落ちている靴

  • コネタの記事をもっと見る 2011年9月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース