bit

ドイツの高気圧、ただいま売り出し中!

ドイツの高気圧、ただいま売り出し中!
ドイツの世界地図は、当然ながら中央ヨーロッパがど真ん中にくるように配置されています。日本列島はと言うと、世界地図の東の端っこに、ちょこん。
       
時速100kmを超す強風が吹き荒れたここドイツのとある日、日本語の授業に出かけました。受講生と天気談義に花を咲かせていましたら、ある受講生が言いました。「私の友人が、結婚祝いに高気圧をプレゼントしてもらったことがあるんですよ」と。

ドイツでは、ひとつひとつの気圧に名前をつけて区別する習慣があります。日本の台風が一号、二号と呼ばれるのと似ていますが、ドイツでは、通し番号ではなく人名(ファーストネーム)を使います。ドイツの天気予報を聞いていると、「高気圧トーマス」とか「低気圧マリア」など、 まるで気圧が仲良し友達でもあるかのようにファーストネームで呼んでいます。

気圧に名をつける習慣は1950年代に始まりましたが、2002年からは、気圧が一般販売されるようになりました。正確には、気圧の命名権を買うことで、その気圧に好きな名前をつけられるようになったのです。名前の選択は購入者に一任されていますので、自分の名をつけてもよし、その年に生まれた初孫の名前にしても、また、冒頭に触れたように、親友への結婚祝いに命名権をプレゼントしてもよいわけです。

それでは、気圧を買うとどんなメリットがあるのでしょうか? 購入者には、購入証明書、購入した気圧の発生経過や掲載天気図が贈呈されるほか、テレビの天気予報などで「自分の名を冠した気圧」が天気図に登場し、その気圧名を連呼してもらえる可能性があります。ましてや、「自分の名の気圧」がハリケーンや洪水の引き金になろうものなら、その気圧の名は天気史に刻まれる可能性さえあり得るわけです。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年1月5日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。