review

裏方たちのプロスポーツ『サッカーの憂鬱~裏方イレブン』

裏方たちのプロスポーツ『サッカーの憂鬱~裏方イレブン』
『サッカーの憂鬱~裏方イレブン』能田達規/実業之日本社 <br />「週刊漫画サンデー」で不定期連載していた作品をまとめた一冊。審判、クラブ広報、ホペイロ、実況アナウンサー、第3ゴールキーパー、スポーツカメラマン、通訳、ユースコーチ、チームドクター、クラブ社長、ターフキーパー(芝管理人)という11人の裏方仕事からサッカーの新たな一面を掘り下げます。
ある通訳はこう言った───
「サッカーの通訳は言葉をそのまま訳すのが仕事ではない。監督の“情熱(パッション)”を選手に正確に伝えるのが仕事だ」と。

ある熟練ホペイロ(用具係)は新人ホペイロに対して次のように諭した───
「オレたちホペイロは常に選手に寄り添って心置きなく試合に集中できるようサポートするのが仕事だ。子を思う母のように」。

ある審判は選手に「てめぇ、ちゃんと見てんのかよ。オレたちは生活がかかってんだぞ!!」と抗議され、心の中でこうつぶやいた───
「俺にも生活がかかってるんだよ」と。

プロフェッショナルやなぁ~。どの言葉もただただカッコイイ。もう頭の中では「プロフェッショナル 仕事の流儀」よろしくスガシカオの「Progress」がリフレイン状態ですよ。上記の言葉は実在の人間がしゃべった訳ではなく漫画の中のセリフなんですが、そこに至るまでの描写の細かさによって「実際の通訳や審判もそう感じているんだろうなぁ」という説得力と重みが生まれているんです。
サッカーに携わるそんな裏方の面々……審判、クラブ広報、ホペイロ(用具係)、実況アナウンサー、第3ゴールキーパー、スポーツカメラマン、通訳、ユースコーチ、チームドクター、クラブ社長、ターフキーパー(芝管理人)……という11人それぞれの立場から「サッカーという仕事」にどう携わっているのかを描き出し、裏方ならではの「プロフェッショナルな視点」を通してサッカーの新たな見方を提示してくれるのが実業之日本社から出版された...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2012年2月9日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース