review

村上春樹のベストセラー『海辺のカフカ』を蜷川幸雄が舞台化、柳楽優弥の少年性にキュン

       
村上春樹の小説が舞台化。
と聞いても、「ノルウェイの森」映画化が少なからず苦い思い出として胸の片隅にこびりついていて、春樹にメディアミックスは要らないぜ、と斜に構えてしまう方もいるのではないだろうか。
しかしお待ちを。
演出は蜷川幸雄である。
世界の村上春樹の小説を世界の蜷川幸雄が演出。
となると話も違ってくる。
エキレビで齢・74歳の大林宣彦監督がとてつもなくすさまじい「じじい」と讃えられているが、蜷川は監督より3つ年上、今年10月に77歳となる、もっと「じじい」である。
だがしかし蜷川幸雄は、じじいとかそういう日常的な問題を超えた壮大かつ激烈なパワーで、村上春樹の文学世界を劇化してしまった。
蜷川の村上は、原作への絶対的なリスペクトを持ちつつ、小説にはない演劇の力への矜持も持って、それを総動員して作り上げられた。
これを、漫画やテレビドラマのメディアミックスをチマチマ、キチキチ、ビクビク、シブシブやっている人たちがどれだけ観ただろうか。皆、観て刺激を受けるべきだったと思う、ほんとに。
舞台のDVD化も盛んな昨今だが、これは映像化はされないそうで、幻の舞台である。
でも、まだ6月に大阪公演がまだ残っている。ラストチャンス大阪公演前に、この公演のことを振り返ってみたい。

原作は「海辺のカフカ」。 
世界幻想文学大賞受賞作品でもあるこの長編小説は、父親とふたり暮らしをしていた少年カフカが“世界でいちばんタフな15歳になる”ために家出。旅先の高松でいろいろな人と出会い成長していく物語。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年5月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。