review

貴乃花光司がすべてを語った。父、兄、女、相撲……『生きざま』

貴乃花光司がすべてを語った。父、兄、女、相撲……『生きざま』
『生きざま 私と相撲、激闘四十年のすべて』(貴ノ花光司/ポプラ社)<br />相撲道、人生哲学、若貴ブーム、 家族のこと…… そのすべてを初めて明かす!
日馬富士が横綱としての初優勝を全勝で成し遂げた大相撲初場所・千秋楽。
同日、十両では貴ノ岩が12勝3敗で初優勝を果たした。
2004年2月に創設された貴乃花部屋にとって初の十両優勝力士となる。
「親方になって初めてわかったが、相撲は自分が取るほうが数段楽だ。弟子の相撲ほど、心臓に悪いものはない」
こう語ったのは貴ノ岩の師匠・貴乃花親方。ご存知、第65代横綱貴乃花だ。初場所開催に合わせ上梓した自伝『生きざま』の中で、親方としての苦労を語っている。

本書『生きざま』は、父親である元大関貴ノ花の初優勝時、貴乃花が2歳のときまで遡り、そこからの激動の相撲人生を振り返りながら、40歳を迎えた今、どう相撲とかかわっていくかというまさに「生きざま」が詳細に綴られていく。

・“輪島のおじさん”に教わった、わんぱく相撲での横綱土俵入り
・新弟子時代に兄弟子達から受けた「かわいがり」
・千代の富士との初対戦
・叔父である二子山理事長からの賜杯を受け取った時の本当の気持ち
・若貴ブームとマスコミの呪縛
・「貴ノ花」から「貴乃花」に変わった経緯
・「不撓不屈」は師匠から、「不惜身命」は緒形拳からもらった言葉
・洗脳騒動の真実、そして身内との関係性
・非難を浴びた体重増の背景とその壮絶な方法
・小泉首相(当時)の「感動した!」が生まれた、武蔵丸との対戦の舞台裏
・引退後……親方業、相撲協会理事としての苦労

ワイドショーやスポーツ紙をはじめ各メディアを賑わせ、相撲ファンならずとも印象深いこれらのエピソードの裏側を惜しげもなく語っている。読者の誰もが知りたい、宮沢りえとの破局、若乃花との確執についても、実名こそないものの「それ」とわかる記述がなされ、現役時代通り、潔い姿勢で貫かれた一冊だ。

あわせて読みたい

  • マゲが結えなくなったら引退?「正常位」できるの? 曙太郎『大相撲のぶっちゃけ話』

    マゲが結えなくなったら引退?「正常位」できるの? 曙太郎『大相撲のぶっちゃけ話』

  • 金に目がくらんだ大相撲の明日はどっちだ『大相撲は死んだ』

    金に目がくらんだ大相撲の明日はどっちだ『大相撲は死んだ』

  • レビューの記事をもっと見る 2013年1月28日のレビュー記事
    「貴乃花光司がすべてを語った。父、兄、女、相撲……『生きざま』」の みんなの反応 5
    • 匿名さん 通報

      日馬富士 貴ノ岩 同じ場所での優勝 今となって、奇妙な並びだなあ❗

      7
    • 匿名さん 通報

      こいつは人間として異常。

      5
    • 匿名さん 通報

      ファザコン。。特殊な環境下で育ったからやむを得ないのかもしれないけど。

      4
    • iturousa 通報

      なんやねん、兄貴のことなんかなんも喋ってへんやんか!

      3
    • 匿名さん 通報

      ただの相撲バカ一代。挫折知らないからこうなった()

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら