bit

ゆるキャラ“こいまろ君”が幼稚園や小学校でお茶育を開催!

数えきれないほど全国各地に存在する“ゆるキャラ”。そんななか、日本初のお茶育ゆるキャラとして活動をはじめるのが、(株)宇治田原製茶場の看板商品『こいまろ茶』のイメージキャラクターである“こいまろ君”。

なんでも、子どもたちのために“こいまろ君”が美味しい宇治茶を入れに行くイベントを開催するそう。そして、彼の訪問を希望する幼稚園や小学校からの応募を募っているとか。

それにしても“こいまろ君”って、そもそもどんなゆるキャラ!? ということで、さっそく問い合せたところ、(株)宇治田原製茶場の向井孝和さんが答えてくださった。

――“こいまろ君”の誕生はいつ? 一体どんな子なのでしょう?
「2002年5月14日生まれの牡羊座。宇治田原町の茶畑から、ひょっこり生まれた男の子です。性格はおっとりで、おっちょこちょいの面もあるけれど、根はのんびりやさん。いつも茶畑にいるらしいですが、どこに住んでいるかなどは誰も知らない、謎のキャラクターでもあります」

さらに「昔の遊びにも詳しく、好奇心は非常に強いです。何でも知りたがり、聞きたがり、聞いたことはすぐに人に喋りたがる性格。言葉尻に「チャッチャ」と付ける口癖もあるんです」とのこと。口癖まであったとは、思っていた以上に、ゆるキャラ度満載のよう!

そして、よく似合っている着物は、平安貴族の子どもの装束をすべて“お茶色”でコーディネートしているのがポイントだとか。それに「お茶と和菓子、おせんべえが大好き」というところも、さすが。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク