アルコール依存症患者の鴨志田穣を夫に持っていた西原理恵子。
アルコール依存症患者として入院生活を体験し、現在は断酒中の吾妻ひでお。
この二人が同じく依存症から断酒生活という体験を経ている詩人の月乃光司と鼎談を行った。
『実録! あるこーる白書』がその本だ。
自分もお酒は飲むけど、まだまだ依存症にはほど遠い。
そう思っている人は、晩酌をする日を一回減らしてちょっと手に取ってみたほうがいいと思う。それで、「うん、大丈夫」と確信を持てたらまた飲んだらいいんじゃないかな。

依存症患者からの被害を受けた1人と、入院体験者の2人が話していることは結局、以下の3点に尽きる。

1)依存症は病気だから「日々の努力」では治らない。直せるのは「正しい治療」だけ。
2)依存症は現状を否定し続ける心の病気だから、自分がそういう状態にあると認めないかなと絶対に治らない。
3)依存症は病気だということを周囲の人間も知らないと治せないことがある。

さらに言ってしまえばいちばん大事なのは病気についての正しい知識だということである。その事実を広めるようと努力している人の1人が他ならぬ西原理恵子だ。他の件ではほとんど講演には出ない西原も「日本一有名なアル中家族」として、自分の体験を話す活動をしているという。鴨志田穣のアルコール依存症治療については浅野忠信主演で映画化もされた自伝的小説『酔いがさめたら、うちに帰ろう』に描かれているし、そこに至るまでの状況については夫婦の共著『アジアパー伝』や『毎日かあさん』などの西原作品でもたびたび触れられてきた。しかし、そこに表現されていた内容は娯楽作品として角を丸くした後のもので、実際にはもっと悲惨な体験だったのである。