bit

海外限定発売の日本ビールには意外な違いがあった! 

海外限定発売の日本ビールには意外な違いがあった! 
左がアイルランド製、右がカナダ製
海外でも日本銘柄のビールは一部スーパーや日本食品店で売られている。記者が暮らしているフランスでも「キリン」「アサヒ」「サッポロ」3社の商品が手に入る。キリンは「一番搾り」、アサヒは「スーパードライ」という看板ブランドを展開しており(前者は独ヴァイヘンシュテファン醸造所、後者はチェコ・スタロップラーメン社、英シェパード・ニーム社で製造)以前のコネタで飲み比べもしてみた。

一方でサッポロは、主力商品の「黒ラベル」ではなくアイルランドのギネス社で製造された熱処理ピルスナータイプの「プレミアムラガー」と、カナダのスリーマン社で造られた2商品が、同じフランス内で売られている。ギネス社は2009年までサッポロが日本での販売権を持っていた相手。スリーマン社はカナダで第3位のビール会社で、2002年からサッポロ商品のOEM生産を開始。その後2006年にサッポロが買収した会社だ。そこで今回、アイルランド製とカナダ製という海外版サッポロ2銘柄を比べてみることにした。

まず外見が違う。アイルランド製は、日本で売られているデザインを踏襲したもので、「サッポロビール」のカタカナ表記も入り日本人に馴染みのある出で立ちになっている。一方でカナダ製は「SAPPORO」のロゴが全面シルバーのバックに描かれており、日本のものとはかなり異なる。いかにも「北米大陸のビール」といった装い。缶の形もアイルランド製は通常の円柱だが、カナダ製は円柱の中央上部を少し膨らませた樽枠のビールジョッキのような形をしている。

あわせて読みたい

  • 海外の日本ビールは同銘柄でも味が違う!?

    海外の日本ビールは同銘柄でも味が違う!?

  • 地ビールは飲みにくいという誤解

    地ビールは飲みにくいという誤解

  • コネタの記事をもっと見る 2013年5月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース