bit

わずか87日間の全力の“猫生”が本に。『ありがとう! わさびちゃん』

       
今年の6月2日、カラスに襲われ重傷を負った子猫が保護された。顎は粉砕骨折、顎の内側にも穴を空けられ、舌が裂けた状態だった生後2~3週間の子猫。一命は取り止めたものの、自分で食事ができる状態ではなく、保護主がカテーテルで2時間おきにミルクを与えることに……。一時は里親を探すためにTwitterのアカウントを開設したものの、保護主の“父さん、母さん”は子猫を家族の一員として迎え入れることに決めた。命名は「わさび」。

わさびちゃんの毎日を綴ったTwitterアカウントでは、治療の様子はもちろん、カテーテル給餌を嫌がるわさびちゃんがケガをしないよう、“おばあちゃん”が考案した愛らしいおくるみを身に着けた姿などが公開され、フォロアー数が一気に万単位に膨れ上がった。少しずつ体重が増え、ケガが癒えていく様子を、約11万人(8月末時点)にも登るTwitterやinstaglamのユーザーたちが見守った。しかし7月末ごろからてんかんの発作と思われる症状が頻繁に表れるようになったわさびちゃんは、8月26日に症状が急変。27日には集中治療の甲斐なく虹の橋を渡ってしまった。

保護されてからわずか87日間という短い時間を全力で生きたわさびちゃんの書籍『ありがとう! わさびちゃん』(小学館刊、1050円・税込)がこのたび出版された。
Twitterには掲載されなかったものも含む父さん、母さん撮影の秘蔵写真コレクションでは、同じく家族の一員であるゴールデンレトリーバーのぽんずちゃん、セキセイインコのぼーちゃんとの仲睦まじいショットのほか、ゆかた風やマーメイド風などおくるみのバリエーションも公開。写真だけではなく、87日間の詳細な治療のレポートや主治医のインタビュー、子猫を保護した場合の注意事項なども掲載され、わさびちゃんファンのみならず、ペットと共に生きるすべての人へのメッセージが込められた一冊になっている。また、この書籍の売り上げの一部が動物愛護の活動のために寄付されることが決まった。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「わずか87日間の全力の“猫生”が本に。『ありがとう! わさびちゃん』」の みんなの反応 1
  • わさびちゃん有難う。 通報

    本当に感動します。

    5
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月17日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。