review

書きたかったのは、悪というより人生の迷子。映画「フィルス」原作者アーヴィン・ウェルシュを直撃

書きたかったのは、悪というより人生の迷子。映画「フィルス」原作者アーヴィン・ウェルシュを直撃
『フィルス』原作者で『トレインスポッティング』の作者としても知られるアーヴィン・ウェルシュ
鬼警部どころか鬼畜警部来襲!
11/16公開映画『フィルス』の主人公、ブルース・ロバートソンは、史上最高の悪徳警官キャラクターだ。昇進のためなら同僚を罠にはめるぐらいのことは平気でする。刑務所にブチ込むことをネタに被疑者をゆする。他人の妻は寝取る。友人の妻には卑猥なイタズラ電話をかける。コカインの取引には手を出す。股間には湿疹ができていてヤバイ病気も持っている。
しかし、それらの欠点を補って有り余るほど有能な、スーパーコップでもあるのだ。

この魅力的なキャラクターを創造したのは、映画化されたヒット作『トレインスポッティング』の作者アーヴィン・ウェルシュ。そう、ユアン・マクレガーやロバート・カーライルの出世作になった、アレですよ、アレ。
今回そのフィルスが、ジョン・S・ベアード監督によって映画化された。先日公開された『トランス』(監督は『トレインスポッティング』と同じダニー・ボイル)でも主演を務めたジェームズ・マカヴォイが鬼畜警官ブルースを演じる。「え、あのタムナスさんが!」、そうそう、『ナルニア国物語』のバイプレイヤー、タムナスの演でその名を知られることになったマカヴォイが、最高の演技を見せるのがこの映画なのだ。
来日したアーヴィン・ウェルシュとジョン・S・ベアードに原作及び映画についてインタビューを行ったので、ぜひ読んでください。


───原作者から見て、ジェームズ・マカヴォイのブルースはいかがでしたでしょうか。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2013年11月15日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース