bit

アキバでワンマンバス降車ボタン展示会

アキバでワンマンバス降車ボタン展示会
石田岳士氏のバス降車ボタンコレクション展示(約135点)
11月30日、東京・秋葉原の書泉ブックタワーで、ちょっと珍しいイベントがあった。その名も“禁断の押し放題!「つぎとまります」バス降車ボタン展示会”。ふだん見慣れたバスの降車ボタン。それを集めて、果たしてどんな展示会になっているのだろうか……。

展示は石田岳士氏のバス降車ボタンコレクション(約135点)で、ほかには乗り物つながりとしてバス、鉄道部品、いすみ鉄道、小湊鐵道、銚子電鉄のグッズ各販売、栗原大輔氏の乗り物精密画展示販売&ファーバーカステル社の画材商品販売など。いすみ鉄道社長の鳥塚亮氏トークショー&サイン会も行われた。

「ワンマンバス降車ボタンの歴史」と書いてある大きなプレートには、たくさんのボタンが貼り付けられており、よく見るものから一度も見たことがないものまで種類はさまざまだ。まず最初に目に入ったのが「超縦長の降車ボタン」。ふつう、日本ではこんな長っぽそいボタンないだろう。さらに、イギリスのボタンは縦長のうえに右から左に押すという変わりものだ。国が変わると降車ボタンも変わるのだなぁ。

で、つぎに感心したのは、紐のボタン。ビニール製の紐を指にひっかけて、下に引っ張ることで降車ベルが鳴る仕組み。どうも、このほうが低コストにできることから昔つくられたそうだ。先人の知恵って凄いと思う。着想がユニークで、斬新ですよ!

かと思うと、比較的最近出来たらしいタッチパネル式のボタンもあった。これはもうスマホや券売機などでお馴染みのタッチ式なので、違和感ないだろう。でも、他のボタンに比べてコストが高いためか、あまり普及していないようだ。

あわせて読みたい

  • ドイツの路線バスに乗っていると出くわす光景いろいろ【続編】

    ドイツの路線バスに乗っていると出くわす光景いろいろ【続編】

  • コネタの記事をもっと見る 2013年12月14日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。