日本人の「初体験」の男女平均年齢は20.3歳だそうだ(相模ゴム工業株式会社『ニッポンのセックス』2013年)。20代に限っていえば18.7歳(男18.9歳:女18.5歳)になるという。この結果を「早い」と捉えるか「遅い」と捉えるかは、人それぞれだと思うが、海外の「初体験」と比べるとどうなのか。

恋愛や性にオープンなイメージがあるフランスで、調査機関Ifopが昨年発表した面白い結果がある。フランス本国の15歳から24歳までの男女1021人を対象に、若者の性事情を分野別に詳細に表しているのだ。

同調査によれば、全体の62%(男65%:女58%)が性交渉をしたことがあり、平均年齢は16.9歳(男17歳:女16.8歳)だという。2つの数字だけを比較するとフランスは幾分早いが、フランスの調査は対象が18歳から24歳であるのに対し、日本の調査は20代すべてが含まれるので平均は上がる。それを差し引きすれば、2国間の実際の差はもう少し縮まるだろう。

性交渉の他にも、キス、自慰など行為別にさまざまな初体験の平均を調べている。それによると、唇と唇でキスをしたことがあるのは全体の89%(男89%:女89%)で平均年齢は14歳(男14歳:女13.9歳)だった。自慰行為は全体の73%(男88%:女58%)が経験済みであり、平均年齢は14.3歳(男14歳:女14.8歳)だった。パートナーの局部を口で愛撫しことがある人は51%(男54%:女48%)で、平均17.3歳(男17.6歳:女17歳)に経験していた。