ふとももの写真を撮り続ける写真家がいる。名前は、ゆりあさん。先日開催された『デザインフェスタ』で初の写真集(1冊1000円)を販売したところ、用意した500部が完売。掲載されている写真はどれも綺麗だ。そこで、ふとももを撮影するにあたっての極意など、ゆりあさんに聞いてみた。
ふともも写真家~女性のふとももを撮り続けるゆりあさんにインタビュー

ふともも写真家~女性のふとももを撮り続けるゆりあさんにインタビュー

――完売おめでとうございます! この写真集、紙のツヤも良くて、かなりコストがかかってるんじゃないです
「それなりにかかりました。撮影も、スタジオを借りて撮ることがあるので、それも含めるとかなりの金額になります」

いきなりお金の話をしてしまって申し訳ないが、もう少し値段が高くても良いのではないかと思うほどのクオリティなのである。外で撮影する場合も、綺麗な海だったり、夕日の綺麗な公園だったりと、ふとももの写真が映えるような場所で撮っている。
ふともも写真家~女性のふとももを撮り続けるゆりあさんにインタビュー

――これまでに撮影した枚数は?
「1万枚くらいです。その中の一部はタブレットに保存してあります」
見ると、ふとももの写真のオンパレードであった。モデルさんは募集しているわけではなく、主にゆりあさんの知り合いの方を撮影している。

●購入者の半数は女性
聞くところによると、購入者のおよそ半分は女性だったそうだ。これは意外。
「男女問わず、綺麗なものが好きなんです」
今までに撮影したふとももの写真はFlickrでも公開しているため、海外からの問い合わせもあるという。

●制服よりも、ふともも
ふともも写真家~女性のふとももを撮り続けるゆりあさんにインタビュー

写真を見ると、ふとももの他に制服に目が行きがちだが、ゆりあさんは制服の可愛さにこだわっているわけではない。