review

アイドルよりもプロデューサーが大人気「アイドルマスターシンデレラガールズ」快進撃中

「アイドル、多すぎない?」
アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」で、渋谷凛が漏らしたセリフです。

原作ゲームは、登場キャラクター数200人弱。ゲーム登録数460万以上
第一話放映後、関連ワードがTwitterトレンドに入り続けるほどの人気っぷり。
アイドルが入り乱れる群像劇。上々のスタートダッシュです。

●大人気の秘訣は、プロデューサー
ぼんやりと日常を送っていた高校生渋谷凛。アイドルを目指すべくレッスンに励む島村卯月。オーディションを受けた本田未央
三人がプロデューサーにスカウトされ、346(みしろ)プロダクションに加入するところから物語ははじまります。

「シンデレラガールズ」は全国一斉に、同じ日に見ることができます。
シンデレラにちなんで、放送は金曜深夜0時きっかり(地域によって最大30分の差はあります)。
みんながほぼ同時に見ることができるのは、深夜帯アニメではとても珍しい。
視聴者が全国で一斉に見られるため、同じ時間帯にツイートが飛び交うのなんの。話題は一気に広がりました。

話の中心になっていたのは、アイドルよりもプロデューサーの方でした。
「アイドルマスター」では、プレイヤーや声優の名前を付けて「○○P」と呼ぶことが一般的。アニメ「アイドルマスター」では赤羽根健治が演じているので「赤羽根P」。「シンデレラガールズ」では武内駿輔が演じているので「武内P」とファンから呼ばれています。

赤羽根Pは、表情豊かな熱血キャラでした。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク