bit

下積みは本当に不要なのか? 常見陽平氏に聞く

下積み時代について聞かれたら「キツかったけど、学ぶことは多かった。でも戻りたくはないな」という風に答える人は多いのでは? 
ではこれから下積み時代に入ろうとする入社間もないフレッシュマンたちが、その回答を聞いたらどう思うでしょう?

二度と経験したくない程キツイとわかっていれば、そりゃ気持ちも萎える。ましてやホリエモンやイケダハヤトなどのネット界のスターたちが下積み不要論を展開する中、下積みをショートカットして少しでも効率よく上を目指そうとするのが人情ですわな。

その中、下積みが最強!と真っ向から異を唱える人がいる。多方面のメディアで活躍する人材コンサルタントの常見陽平さんだ。
下積みは本当に不要なのか? 常見陽平氏に聞く
人気人材コンサルタントの常見陽平さん。執筆、各種メディアでのコメントに加え、この春から常任講師として千葉商科大学で教鞭もとっている。

「最近『やりたい仕事幻想』が広がっていて、大企業で歯車になるよりもベンチャーでやりたいことをやる方がいいという風に言う人が増えていますが、そういう時代だからこそ誰かがきちんと下積みの大切さを伝えなければいけないと思うんです」

その思いをストレートに表現したのが常見さんの最新作『下積みは、あなたを裏切らない!』(マガジンハウス刊)だ。

「会社に入って希望しない配属や仕事をやらされることがあると思うのですが、そういう下積みこそが社会人としての基礎力をつけます。今の学生はとても真面目ですが、それゆえにちょっと自分の抱いているイメージと違うと思考停止を起こしてしまうことがあります。でも会社という組織は彼らが思っているよりも奥が深く底力があるものなので、それをわからないうちからやりたくないという理由だけで下積みから逃げると実力がつきません」

あわせて読みたい

  • 不惑になると惑わなくなるのか?

    不惑になると惑わなくなるのか?

  • 「意識高い系」は病気なのか?

    「意識高い系」は病気なのか?

  • 一分一秒争う医療現場で必須な能力「インバスケット思考」とは

    一分一秒争う医療現場で必須な能力「インバスケット思考」とは

  • 「来週の社内旅行について」というメールの件名に関する考察

    「来週の社内旅行について」というメールの件名に関する考察

  • コネタの記事をもっと見る 2015年4月17日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース