review

「女のいう通りに、女の喜ぶようにしてやった」宮本常一に学ぶ「村の恋愛工学」

「女のいう通りに、女の喜ぶようにしてやった」宮本常一に学ぶ「村の恋愛工学」
池澤夏樹=個人編集《日本文学全集》14『南方熊楠 柳田國男 折口信夫 宮本常一』河出書房新社<br />解題・年譜=鶴見太郎、月報=恩田陸+坂口恭平、帯装画=高木紗恵子。
池澤夏樹=個人編集《日本文学全集》(河出書房新社)の第1期第5回配本は、第14巻『南方熊楠 柳田國男 折口信夫 宮本常一』
この巻に収録されたのは、民俗学者の仕事だ。
そして今回は、漫画の主人公だらけの巻だ。

内田春菊 『クマグスのミナカテラ』は熊楠(1867-1941)の話だった。水木しげるは『猫楠』で熊楠を描き、『神秘家列伝』『水木しげるの遠野物語』に柳田(1875-1962)を登場させた。大塚英志は筑波大学で宮田登に師事したから、柳田のいわば孫弟子で、彼が原作者を担当した『北神伝綺』『松岡國男妖怪退治』(山崎峰水作画)で柳田の、『木島日記』(森美夏作画)で折口(1887-1953)の活躍を描いた。

日本の民俗学は、日本近代の詩歌や小説と接する形で、いわば併走するようにスタートした。いまでこそ民俗学者は、文学者とはべつのレイヤーで文章を書いているけど、出発点では、おたがいに補い合う関係にあったのだ。
明治末の日本式「自然主義」によって、日本近代の文学が「個人」の心の問題ばかり追うようになっていったのにたいして、「共同体」や「世間」の風習、またそこに流れる人情を書き留めておこうという心情の受け皿となったのが、民俗学だったのだ。
そういうわけで、柳田や折口は各種日本文学全集に収録されることもあったし、その両者とともに宮本常一(1907-1981)も文庫版の《ちくま日本文学全集》で一巻を宛てられている。

あわせて読みたい

エキサイトレビューの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース