review

豪華別荘で展開する残虐と耽美。これはチリの『バトル・ロワイアル』だ

チリの小説家ホセ・ドノソ(1924-1996)が1978年に発表した長篇小説『別荘』(寺尾隆吉訳、現代企画室《ロス・クラシコス》第1巻)を、やっと読んだ。
豪華別荘で展開する残虐と耽美。これはチリの『バトル・ロワイアル』だ
ホセ・ドノソ『別荘』寺尾隆吉訳、現代企画室《ロス・クラシコス》第1巻。装幀=本永惠子デザイン室。本書はスペイン文化賞書籍図書館総局の助成金を得て刊行された。初版1,500部。3,600円+税。《ロス・クラシコス》は寺尾隆吉が企画するスペイン語文学の叢書。

昨年8月に刊行されてからずっと気になっていたのだけど、11か月遅れでやっと読めた。

第1回日本翻訳大賞候補作!


寺尾隆吉訳×現代企画室刊という組み合わせでは、先般の第1回日本翻訳大賞(米光一成による授賞式報告はこちら)に本作とギジェルモ・カブレラ・インファンテ『TTT トラのトリオのトラウマトロジー』(《セルバンテス賞コレクション》第13巻)と2作も候補作にノミネートされていた。
豪華別荘で展開する残虐と耽美。これはチリの『バトル・ロワイアル』だ
ギジェルモ・カブレラ・インファンテ『TTT トラのトリオのトラウマトロジー』寺尾隆吉訳、現代企画室《セルバンテス賞コレクション》第13巻。カブレラ・インファンテはキューバの小説家。現代企画室は《ラテンアメリカ文学選集》など中南米文学の紹介に力を入れている。社主はアートディレクター・北川フラム。

豪華別荘で展開する残虐と耽美


『別荘』という題は、最高級金箔の取引で財をなしたベントゥーラ一族の豪奢な別荘をさししめすものだ。18,633本の槍が柵としてその広大な敷地を囲っている。周囲には人喰い人種が棲んでいたという噂さえある。
一族は、7組の夫婦(うちひとりは死亡)と、彼らの、下は5歳から上は17歳の子女35人(うちふたりは夭折)からなっていて、毎年別荘で3か月の夏休みを過ごしている。
大人たちが打ち揃ってハイキングに出かけたあと、別荘には、33人の子どもたちが残される。
そこで展開される子どもたちの性的放縦と権謀術数、暴力と頽廃的な暮らしは、ジュール・ヴェルヌの『二年間のバカンス 十五少年漂流記』を「裏焼き」したウィリアム・ゴールディングの『蠅の王』に、グロテスクなファンタジーの古典であるマーヴィン・ピークの

あわせて読みたい

  • 決定第1回日本翻訳大賞は韓国とチェコ

    決定第1回日本翻訳大賞は韓国とチェコ

  • 良い翻訳とは?第1回日本翻訳大賞授賞式

    良い翻訳とは?第1回日本翻訳大賞授賞式

  • 「日本翻訳大賞」読者推薦締め切り間近

    「日本翻訳大賞」読者推薦締め切り間近

  • 紙上絶叫マシンと呼びたい興奮伝奇小説

    紙上絶叫マシンと呼びたい興奮伝奇小説

  • レビューの記事をもっと見る 2015年7月8日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら