review

「昭和元禄落語心中」3話。落語界に迫る戦争の足音

       
雲田はるこ『昭和元禄落語心中』を原作とするアニメ、ますます絶好調に放映中である。Blu-rayの発売日も2月24日と発表された。
前回の「昭和元禄落語心中」第3話は、原作2巻のお話。日本が戦火の中に突き進んでいき、落語をはじめとする大衆娯楽が一気に衰退した時期から敗戦直後までが描かれた。戦争によって初太郎(のちの有楽亭助六)とも引き裂かれ、菊比古(のちの八代目有楽亭八雲)は、師匠のおかみさんと共に地方へ疎開、工廠で働くことになる。
「昭和元禄落語心中」3話。落語界に迫る戦争の足音
「昭和元禄落語心中」Blu-ray/キングレコード(2/24発売予定)

禁演落語という「自主規制」


戦時下の事態を象徴的に表すのが、作中でも語られた禁演落語の存在だ。1941(昭和16)年、戦時中という時局にふさわしくないと見なされた落語53席が東京・浅草の長瀧山本法寺のはなし塚に葬られた。大事なのはこれが当局からの規制ではなく、落語界が自ら行ったものである。「自粛」が表現を萎縮させた悪例として、語り継がれるべき歴史的事実といえる。
53席は以下の通り。現在では不適切とされる用語があるが、どうかご容赦いただきたい。
1)廓噺…「明烏」「粟餅」「磯の鮑」「居残り佐平次」「お茶汲み」「おはらい」「お見立て」「親子茶屋」「首ったけ」「廓大学」「五人廻し」「三助の遊び」「三人片輪」「三人息子」「三枚起請」「品川心中」「疝気の虫」「高尾」「辰巳の辻占」「付き馬」「搗屋無間」「突き落とし」「とんちき」「二階ぞめき」「錦の袈裟」「白銅」「ひねりや」「文違い」「坊主の遊び」「星野屋」「万歳の遊び」「木乃伊取り」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。