52歳で道重さゆみに出会い、アイドルにハマり、アイドルオタクへの道を爆走する──『50代からのアイドル入門』はそんな一冊だ。
著者は大森望。SF&ミステリなどのジャンル小説読者にとってはおなじみの、翻訳家・書評家である。1961年生まれの立派な「おっさん」の大森が、ピンクのオタTを着てピンクの光る棒(おそらく道重卒業記念オリジナルペンライト)を持ち、どーん!と表紙を飾っている。
12段階でわかる「アイドルハマりレベル」『50代からのアイドル入門』
どこに出しても恥ずかしくないオタ姿でどーん!と立つ著者の大森望。『50代からのアイドル入門』(本の雑誌社)

目次を紹介すれば、だいたいどんな本なのかわかる。

序章 「禿げ気味のみなさああん!」と、道重さゆみ(モーニング娘。)は言った。
第2章 「アイドルにはまってしまった40代男ですが、妻から離婚を言い渡されました」と、モノノフは言った。──周囲にあたたかく受け入れてもらうためのヒント
第3章 中年アイドルオタク12のステップ
第4章 いまどきライブアイドル事情、早わかり
第5章 「死んだら戒名つけてほしい」と、Zom氏(ハロオタ、62歳)は言った。──アイドルオタクの老後
第6章 「解散するから跳んでいいのか?」と神原統括P(アイドリング!!!)は言った。──ライブの作法
第7章 本とアイドル
第8章 ひとりで行く!アイドルコンサート
第9章 ファースト・コンタクトへの長い道──当節アイドル握手会事情
第10章 「生活にハリが出る」と、ユースケ・サンタマリアは言った。──アイドルオタクの生活と意見
第11章 アイドルコンサート当節チケット事情