review

気持ち悪さとコメディが入りまじった森田剛のあのシーン「ヒメアノ〜ル」

漫画家・古谷実の伝説の問題作が5月28日公開された。高校時代の過酷な虐め体験を経て、次々と無差別殺人を犯すサイコキラー森田。痛い感覚も苦しい感情もまるっきり備わっていないかのように容赦ない残酷な行為者・森田を演じた森田剛は地方都市に生きる若者の鬱屈を演じることにかけてはかなりの実力者だが、「ヒメアノ〜ル」では更なる高見にのぼった。5月27日放送の「あさイチ」(NHK)では、12日に亡くなった演出家・蜷川幸雄(今夏、3度目の演出を受ける予定だった)の映像を見て涙するナイーブな面を見せた森田だが、映画の中ではひたすら獰猛だ。
気持ち悪さとコメディが入りまじった森田剛のあのシーン「ヒメアノ〜ル」
岡田(濱田岳)と同僚の安藤(ムロツヨシ)の平凡な日々は、サイコキラー森田(森田剛)によって激変していく・・・
(C)2016「ヒメアノ〜ル」製作委員会

最初から最後まで一瞬の隙もなく、森田と彼の標的たちの恐怖を描き切った監督は吉田恵輔。これまで「銀の匙 Silver Spoon」「麦子さんと」「ばしゃ馬さんとビッグマウス」など柔らかい雰囲気の映画で人気を得ていた吉田監督とはまるで違う「ヒメアノ〜ル」。この映画をなぜ、どうやって撮ったかインタビューした。
(*吉田の「吉」の正式表記は土に口)

取材は「ヒメアノ〜ル」のジャパンプレミア試写の日に行われた。吉田恵輔監督は黒のシャツにベストにパンツとピンクのネクタイで、おしゃれなマフィアみたいな感じだった。
──おしゃれな格好ですね。
吉田 今日は完成披露試写なので、みんなのビジョンを押しつけられました(笑)。
──いつもはこういうファッションではないんですか?
吉田 試写会に着てくる服を指定されることは滅多にないですから、自分の好きな感じとなると、ここまでかちっとしないです。今日はかなり気合い入っているなって感じですよね(笑)。

あわせて読みたい

  • 浅野忠信の包丁アクション「私の男」

    浅野忠信の包丁アクション「私の男」

  • ウシジマはブレない、挑んでいく側にドラマがある「闇金ウシジマくん Part2」山口雅俊監督に聞く1

    ウシジマはブレない、挑んでいく側にドラマがある「闇金ウシジマくん Part2」山口雅俊監督に聞く1

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年5月28日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース