review

「女ってヤッたら変わるじゃん?」(童貞が言いました)「ゆとりですがなにか」6話

「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系、毎週日曜22:30〜)の魅力のひとつは、オープニングの疾走感だ。たとえば先週放送された第6話では感覚ピエロの主題歌に合わせて、まりぶ(柳楽優弥)の発言とそれに影響を受けすぎてガールズバーでも、就活の面接でもその受け売りの言葉を発するゆとり(島崎遥香)を交互に流していく。繰り返される言葉の”意識の高さ”がまたたまらない。
「女ってヤッたら変わるじゃん?」(童貞が言いました)「ゆとりですがなにか」6話
イラスト/小西りえこ

”意識高い系”まりぶの変化


当然のことだが、ドラマも6回まで進むと登場人物にいろいろな変化が起こる。その変化が、『ゆとり〜』の場合なんとも気持ちいいのだ。

たとえば、まりぶ。第1回でほぼ「おっぱいいかがすか」しか言わない謎の呼び込みとして登場したが、早々にレンタルおじさん(吉田鋼太郎)の息子であることがわかり、中国人の嫁が登場、ゆとり第一世代でありながらずっと大学を目指し続けている受験生であることが発覚、ベティちゃんのトレーナー姿には誰も突っ込まず、ガールズバーの店長に就任してからは坂間(岡田将生)の妹ゆとりに手を出す浮気者ぶりの一方で、ゆとりに意識の高い発言をかまし「意外と真面目(ハート)」と言われたりもする。

ただ、ここで言いたいのはまりぶ自身の変化ではない。というか、上記の内容は坂間たち&視聴者側に少しずつ判明していったというだけで、まりぶが変化したわけではないのだ。むしろ、まりぶ自身はたぶん登場してから何も変わっていない。

『ゆとり〜』が丁寧だなと思うのは、時間の経過にしたがってまりぶの周りの態度が変わっていくこと。1話で坂間に「鳥の民」のサービス券を叩きつけられたまりぶは、それから「鳥の民」に毎日通うようになる。最初こそ嫌がっていたバイトリーダー村井(少路勇介)と中森(矢本悠馬)は、回を追うごとに彼を心待ちにするようになる。二人が「100枚使い切ったら来なくなったりして」と笑いあっているタイミングで坂間の妹との関係が発覚し、まりぶは通えなくなる。

あわせて読みたい

  • ガールズバーでおっぱい ゆとりですが

    ガールズバーでおっぱい ゆとりですが

  • 第一世代の幸せ「ゆとりですがなにか」

    第一世代の幸せ「ゆとりですがなにか」

  • クドカン最重「『ゆとりですがなにか」

    クドカン最重「『ゆとりですがなにか」

  • 宮藤官九郎「ゆとりですがなにか」1話

    宮藤官九郎「ゆとりですがなにか」1話

  • レビューの記事をもっと見る 2016年5月29日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    ゆとりですがなにか

    ゆとりですがなにか

    宮藤官九郎が手がけるドラマ「ゆとりですがなにか」のレビューです。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース