bit

テロで延期されていた仏版「ポケモンGO」がついに解禁 一斉に外へ飛び出すパリ市民

       
フランスで「ポケモンGO」の人気が止まらない。7月24日午前、フランスでもポケモンGOがリリースされ禁猟が解けると、待ちわびたトレーナーたちは一斉に外へ飛び出した。世界で初めて配信が開始された米国から3週間、他の欧州諸国からは1週間遅れての解禁だった。

テロで延期されていた仏版「ポケモンGO」がついに解禁 一斉に外へ飛び出すパリ市民
シャン・ド・マルス公園でポケモンを探すトレーナーたち


本来フランスでの解禁日は、日本より早い7月15日とされていた。しかしその前夜、南仏ニースでトラックによるテロ事件が起きた。結果、事件への配慮と全国的な服喪からリリースが延期された。解禁を待ち切れない一部ファンは、米国のものをダウンロードして遊んでいたものの、多くのフランス人トレーナーたちにとっては焦らされた分、待望のスタートになったのだ。


パリ市内の公園にはたくさんのトレーナーが


普段は家族連れが多い休日の公園も、ポケモンGO解禁後は、スマホ片手のトレーナーたちが目立つ。パリ市内、セーヌ川の南にあるリュクサンブール公園。公園内の景色を写す観光客のように見えても、彼らの手元にあるスマホをのぞけば、そこにいるのはポケモンだ。予備バッテリー傍らに、木陰にあるベンチでポケモン集めに精を出す。友人同士やカップルで一緒にポケモンを探している姿が印象的だ。

テロで延期されていた仏版「ポケモンGO」がついに解禁 一斉に外へ飛び出すパリ市民
ルアーモジュールでポケモンだけじゃなく人も集まる


エッフェル塔すぐ南に広がるシャン・ド・マルス公園。ルアーモジュール(30分間ポケモンを引き寄せる道具)によってポケモンが出現しやすくなったポケストップ(地図上に設けられたアイテムを入手できる場所)の周りには、多くのトレーナーたちが集まっていた。観光客がエッフェル塔にカメラを向ける一方で、トレーナーたちが見つめるのはスマホの中に映るポケモン。スーツを着たビジネスマンも、一瞬足を止め、モンスターボールを投げてポケモンをゲットしていた。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月26日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。