bit

テロの影響でエロティズム美術館が閉館 パリから秘宝館の火が消える

欧州を代表する秘宝館がその歴史に幕を閉じた。パリ市内北部、モンマルトルの丘の麓に位置するパリ・エロティズム美術館が11月4日に閉館した。

理由は2015年11月にパリ市内で起きたテロ事件による観光客の減少だ。館内ではチベットのタンカ(仏画)、日本の春画といった古美術から現代アートまで、男女の秘所をモチーフにした工芸・芸術作品が保存・展示されていた。これら2000点を超える作品は一部を残し競売にかけられ、備品等もインターネットの売買サイトで売りに出された。
テロの影響でエロティズム美術館が閉館 パリから秘宝館の火が消える


日本での購入が収集のきっかけ


パリ・エロティズム美術館は1997年、パリの名物キャバレー「ムーラン・ルージュ」を中心とした歓楽街の一角に開館した。パリ市内には多くの美術館が点在するが、その中で約20年間、独自の路線を貫いてきた。各国ガイドブックにも掲載されるパリの名所であり、日本人観光客も多く訪れた。日本との縁も深く、同美術館オーナーのジョー・カリファさんは「1980年に日本で購入したコレクションが現在までの収集のきっかけを作った」と現地メディアに対し答えている。

しかし来館客の半数を海外からの観光客が占める同美術館にとって、テロによる外国人観光客の減少は経営に大きく響いた。近年月1万人あった来館者数は、月2000人まで減った。その様な状況でも国やパリ市からの支援も受けず、今まで通り午前10時から深夜2時まで開館してきた。加えて美術館が入る建物の所有者と賃貸契約の更新もできなくなった。

あわせて読みたい

  • リアルすぎるドールに触れる体験

    リアルすぎるドールに触れる体験

  • テロが起きてもゆるいバリの警備

    テロが起きてもゆるいバリの警備

  • 美術館・博物館は「並ばず」「止まらず」観るもの?

    美術館・博物館は「並ばず」「止まらず」観るもの?

  • 美術館のお絵かきボードが好評

    美術館のお絵かきボードが好評

  • コネタの記事をもっと見る 2016年11月23日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら