90s

エキストラの若手俳優が事故死…井筒和幸監督の過去

1991年9月21日、井筒和幸監督の映画「東方見聞録」の撮影中に、エキストラとして出演していた新人俳優の林健太郎さん(享年21歳)が、滝の岩場の高さ1メートルのところから飛び込み、浮かび上がれなくなった。
スタッフが引き上げたときにはすでに意識はなく重体。その後、病院に搬送されたものの、死亡が確認された。

重さ8キロの鎧を身につけていた俳優


この日の撮影現場は静岡・小山町の川。ここに高さ10メートル、幅 50メートルの滝のオープンセットが組まれていた。3カ月かけて建造されたもので、かかった費用の総額は約3億円といわれる。
林さんはこの日、エキストラの侍役として、滝を流されるシーンを演じることになっていた。衣装は、重さ8キロの鎧。地上を歩くだけでも相当の重量を感じる重さだ。まして水の中に入ろうものなら、その重さで沈んでしまうことは必至だ。
井筒監督は高さ1メートルはある、滝の岩場から飛び込むように指示をした。

溺れながらも演技を続けようと…


そして飛び込んだとたん、林さんの体はそのまま沈んでしまう。それでも林さんは演技を続けようともがき、しばしの間、沈んだり浮いたりの状態が続いた。
スタッフの一人としてその場に居合わせたダイバーは、その様子を見て一早く危険を察知したが、急流の上にかなりの低水温とあり、うかつに近づくことができなかったようだ。

そうした状態が続いた5分後、再び浮かびあがってきたとき、すでに林さんは顔面蒼白で目は見開かれていたという。やっと引き上げることに成功し、すぐに救急措置を施したが、意識は戻らなかった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク