review

「M-1グランプリ2016」採点データ徹底分析。上沼恵美子の採点が明暗を分けたのか

審査員全員が頭を抱えた。12月4日放送の『M-1グランプリ2016』(テレビ朝日系列)。エントリー総数3503組から勝ち抜き、最終決戦に残ったのはスーパーマラドーナ、和牛、銀シャリの3組。激戦の結果、チャンピオンに輝いたのは芸歴11年目の銀シャリだった。
「M-1グランプリ2016」採点データ徹底分析。上沼恵美子の採点が明暗を分けたのか
銀シャリおめでとう
イラスト/小西りえこ

5人&関東不在の審査員


今年のM-1審査員が発表されたのは、なんと当日の朝5時。その顔ぶれは松本人志、上沼恵美子、オール巨人、中川家礼二、博多大吉。M-1グランプリ始まって以来の5名体制で、関東芸人は不在。全員が吉本興業……ではなく、上沼恵美子のみ吉本興業ではない(上沼事務所所属。「海原千里・万里」時代はケーエープロダクション所属)。

2010年までのM-1は審査員席にベテランたちが座り、昨年は過去のM−1チャンピオン9名が並んでいた。今回はM-1とTHE MANZAIの優勝者が各1名、ベテランが3名というミックス体制。審査後のコメントでも世代を感じさせるコメントが目立つ。オール巨人がハライチに「RPGわからん方が見てると、なんだとは思われるよな」とベテランらしい年配客への気遣いを見せれば、中川家礼二は和牛に「ツッコミがね、いつも劇場で見てるけど成長してるんちゃうかな」と距離が近い先輩ならではの激励を送る。関東・関西という「地方」の軸から、ベテラン・若手といった「世代」の軸に振った審査員だった、という見方もできるだろう。

ただ、5名という人数の少なさは気になった。1人の点数のウェイトが高くなり、同点も2度起きている(カミナリとスリムクラブ、アキナとハライチ)。また、当日の朝5時というギリギリでの発表だったが、これが1週間前だったら審査員の傾向に合わせてネタを調整したコンビもいたかもしれない。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2016年12月5日のレビュー記事
「「M-1グランプリ2016」採点データ徹底分析。上沼恵美子の採点が明暗を分けたのか」の みんなの反応 15
  • 世の中理不尽なことだらけ 通報

    みんな面白かったよ。俺はみんな好き。M-1が漫才コンテストの頂点ではないし、あまたあるのうちの一つ。勝った人はこれにおごらず。負けた人はこれにしょげず。みんな、今後もがんばって。

    28
  • バルセロニスタ 通報

    あのカミナリのつっこみは正統派の漫才が好きな人には不評なのも仕方がないと思いますよ。それより5人しかいないんだしもっと極端な点数を出す人がいても良かったんじゃないですかね。

    20
  • 匿名さん 通報

    カミナリのネタは意味不明だった。 電波の無駄遣いになっただけ

    20
  • Papas 通報

    点数に主観やばらつきが入るのは仕方のないことだけど、5人だとその影響が大きいかも。今回は決勝進出3組は概ね納得だったけど。

    15
  • くまー 通報

    個人的には、漫才に変わる新たな名称の分野を作るべきだと思う。 ハライチとかコントだろ。 そうすりゃハライチも優勝できるよ。審査員高田文夫とか江戸っ子にすれば。 まあそうなれば俺は見ないけど。

    8
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース